レガシィGT−B

(アプライドBG5B5CD、エンジン形式EJ20RDWCJE)
荷室電源ソケットのヒューズ

 ある日、レガちゃんとアマチュア無線の移動運用を行いました。荷室の電源ソケットより電源を取っていたところ、配線の途中を「バチン」とショートさせてしまいました。

ヒューズが飛んだと判断、内張り、エンジン室ヒューズブロック、室内ヒューズブロックをゴソゴソしても、ヒューズの位置がどうしても解らず、かといって配線図とか持ってないので、近所のスバル(埼玉スバル春日部店。あの狭い敷地どうにかしてクレー。土曜日行くとレガシィの巣屈と化して身動き取れーん)にお伺いに行きました。

 サービスの長谷川氏は電気配線図らしきものを取り出して来て、レガちゃんを20分位からかう。(そんな奥なのかな?配線図見れば直ぐ解るんじゃないの?特殊品なのかな?)

 サービスの長谷川氏が戻ってきました。部品代46円也。ただのブレードヒューズ1個です。たぶん利益は無いでしょう。やってくれなくてもよかったのですが。それよりもヒューズの位置です。ヒューズは、ボンネットオープナーの上でした。(写真)

こんな所にあるとは気づかなかった。それならちゃんと説明書に書くか、ヒューズブロックに組み込んでくれ!と文句付けたくなりましたが。因みにヒューズ容量20Aです。結構電流取れるんですね。

これがヒューズ位置です


 

◎れがしぃの部屋(トップ)  

◎レガシィ以外のページ ●ご意見、ご感想、質問はこちら

2001-09-03 初版
2002-07-27 日記より移動、加筆修正
2008-07-28 小修正