レガシィGT−B

(アプライドBG5B5CD、エンジン形式EJ20RDWCJE)
EJ20スパークプラグ交換U
DENSOイリジウムタフ装着

レガちゃんのエンジンが若干不調なので、プラグ点検交換を実施することに。前プラグ(DENSOイリジウムパワー)の装着キロが1.4万キロ経過したので、接地極に白金を盛ってある<DENSOイリジウムタフ>に交換。

イリジウムタフについて

市販の多くのイリジウムプラグは、純正白金プラグと違い接地極は耐熱鋼のままです。中心極のイリジウム自体は非常に磨耗が少ないのですが、耐熱鋼は確実に磨耗します。そこで、接地極に磨耗の少ない白金チップを盛り、耐久性をUPさせたのが、イリジウムタフです。


ところで・・・DENSOイリジウムプラグ適合表を見ると、次のような件が追加されていました。

ノーマルエンジンにはVK20Yのみ、チューニングエンジンにはIK22、VK22をご使用ください。(富士重工の一部車両のみです。)

富士重工の一部車両にまんま適合。そうするとIK20は、不適合なのね。なんとなく解るような・・・

そんなわけで、東大宮のジェームス(トヨタ共販系)に行って、VK20を購入。埼玉東部では、DENSOプラグ扱い店がないので困る。カタログだけ置いておいて。でも、プラグはNGKが良いのかも。


何時やっても面倒くさいEJ20のプラグ交換。特に左バンクは数ミリの差でラチェットが入らなかったりなので、イライラしますが、慣れればホームセンターで売っているKTCの工具だけで出来たりします。

工具インプレ(大袈裟)

KTCラチェット、KTC短エクステンション、KTCプラグレンチの組み合わせ。

全てホームセンターの品物。緩めのときはこの組み合わせ。

締めるときはトルクレンチを。腰下は上と同じ。

東日製MTQL240N

ラチェット部の厚み比較。

左:KTCラチェット、右:東日トルクレンチ。2ミリ位厚さが違う。これは結構大きい!

作業インプレ

右バンクは、エアクリ一式を外します。フレームに沿って走っている配管(キャニスター関係)をずらせば、簡単に出来ます。

左バンクと比べたら、とっても簡単です。イグニションコイルも簡単に外せます。

さて難題の、左バンク。バッテリー、ウォッシャータンクを外します。場合によっては、燃料フィルタもずらしたらやりよいかも。くれぐれもハーネスの損傷には気をつけて。寸止めテクが要求されます。

プラグレンチの出し入れも、イグニションコイル脱着も、知恵の輪みたいになりますが、ポイントは後方向から作業することかも。

部品インプレ

イグニションコイル。エア清掃しました。酷い損傷なし。

1.4万キロ走行のIK20。
おまけ。レガシィの走りのテイスト、シーケンシャルツインターボを制御するソレノイドボックス。

◎れがしぃの部屋(トップ)  

◎レガシィ以外のページ ●ご意見、ご感想、質問はこちら

初版:2002-07-20
修正:2008-07-28