レガシィGT−B

(アプライドBG5B5CD、エンジン形式EJ20RDWCJE)
タイミングベルト・ウォータポンプ交換ガイド

レガシィGT-B(アプライドモデルBG5B5CD、エンジン形式EJ20RDWCJE)のタイミングベルトとウォータポンプの交換作業を行いましたので、DIYされる方の参考になればと思い、このページを纏めました。

私のクルマの仕様である5速MT車の作業です。AT車にお乗りの方は、少し工夫して下さい。他のEJ20(DOHC)採用車であるインプレッサ、フォレスターにも有用なテクニックもあります。

ここに掲載の作業要領は、富士重工推奨の手順に完全準拠していません。危険な作業や、エンジンを壊す恐れのある作業が有るので、くれぐれも注意して行なって下さい。作業で起こった損害等について、作者は責任は一切負いません。

このページの内容や、この内容に基づく作業の質問一切は、メールで問い合わせ願います。整備関係者の方々への質問は、極力なさらないように。


手順0:整備要領の入手&部品の発注
まず、タイミングベルトの整備要領の記された資料を入手します。富士重工発行の「整備解説書」等。ディーラ、整備工場等で入手できるはずです。私は、部品発注の際にコピーを戴きました(Tnx、埼玉スバル春日部の皆さん)
 水平対向(DOHC)特有の手順がありますので、良く目を通しておいて下さい。その外、締め付けトルク、作業手順、注意などを、実際にエンジンとにらめっこ(イメージ)しながら、確認して下さい。思い込みは厳禁。要領書が読めないと、良い作業が出来ません!

タイミングベルトと一緒に交換する部品ですが、基本的にタイミングベルトに接している部品は全数交換(スプロケット除く)が望ましいですが、私見ですが最低でもクランクスプロッケト両端の部品(黒アイドラー、ベルトテンショナー)は、交換しましょう。

LH側カバー脱着 ウォータポンプやベルトの傷みはLH側ベルトカバーを脱着すれば見ることが出来ます。LH側ベルトカバーは冷却水リザーブタンクを外せば脱着可能ですので、聴診して判断して下さい。ウォータポンプ交換の際は、サーモスタットガスケットの発注もお忘れなく。

下表は今回発注分の部品リストです。購入の際は部番等確認しましょう。

名称 部品番号 数量 備考

値段

タイミングベルト&ラベルセット 13160AA060 1 合マーク付純正品 11,600
アジャスタコンプリートベルト 13068AA027 1 圧縮してあります 5,450
テンショナアセンブリベルト 13069AA063 1 取り付けボルト付 4,510
アイドラコンプリートベルト 13073AA142 2 黒アイドラ、茶アイドラと互換 3,000x2
アイドラコンプリートベルトNo2 13085AA010 1 歯付アイドラ 3,300
ウォータポンプアンドガスケットキット X2111AA082 1 ポンプの他、以下のガスケット付属
21114AA051(ガスケットウォータポンプ)
21116AA010(シーリングウォータ)
11,200
ガスケットサーモ 21236AA010 1 ウォータポンプガスケットキットに付属?  
ホース/11.5x18.5 807612011 1 面倒臭いので交換見合わせ(後述) 460
ホース/15x22x66x63 807615182 1

420
ホースクランプ/18 805918010 2 1個だけ交換(後述) 70x2
ホースクランプ/22 805922090 2

80x2
   

14

 

43,240

到着した部品たちです。左は箱入り、右は取り出した図(クリックで拡大)です。不良品が無いか確認しましょう。

箱入りの図取り出した図

タイミングベルトの合いマークを確認します。今回は純正を用いますので、下図のようなマークが付いていますが、社外品は付いていないらしいので、整備要領書にならい、マークを付けておきましょう。

クランクスプロケットマークカムスプロケットマーク

下図はラベルの説明書です。(クリックで拡大)

ラベルキット


部品は揃いましか。次はベルト、カバー、補機等取り外し篇です。

次ページ(ベルト、カバー、補機等取り外し篇)へ


◎れがしぃの部屋(トップ)  

◎レガシィ以外のページ ●ご意見、ご感想、質問はこちら

初版:2002-07-20
修正:2008-07-28