アレ号のある生活の最近のブログ記事

 この日は7月28日。連日暑いです。

 熱馴化と言う事で(クルマの部品も頼まれていたので)、近所の解体屋さん・高林解体コルナゴ号でGO(笑)

cy346.jpg

バブル期の珍車・日産フィガロがありました。惜しい気もしますが、解体してしまうのでしょうか。

cy347.jpg

こちらはサビサビのスバル・サンバー。サンバーはつい最近、ダイハツ廃ゼットのOEMになってしまいました。

cy348.jpg

かれこれずっと野積み状態の、ホンダ・NSXのドンガラ。

cy349.jpg

奥で辛うじて解体を免れている、スバル・アルシオーネSVX。SVX乗りの皆様、部品調達はお早めに(笑)

cy350.jpg

 ワイヤハーネスの山です。正しくクルマの行く末です。沢山の思い出を運んだであろうクルマ達、先ずエアコンガスを抜かれ・エアバックを展開・エンジンや足回りを容赦なく取り外され・外れにくい内装はフォークリフトの爪で剥がし、ドンガラになった車体は鮮やかなフォークリフト裁きで3段積みにされます。

 

cy351.jpg

 さぁ、今回のドナーであるGX90型マークⅡです。外装はキレイ過ぎです。前のオーナーさんが下取りの日まで大切に乗られていたのでしょう。社内に残された書類を見ると、三郷のトヨペットから漂流してきたようです。多分、国策であるエゴカー買い替えの生贄になってしまったのでしょう。

cy352.jpg

 オイルにじみが殆ど無い、1Gエンジンです。エンジンも掛かりました。

cy353.jpg

 走行距離、22570km。内装もとてもキレイで、中古車として再販されてもおかしくない位のクルマでした。我がレガシィ号よりキレイ(笑)

 cy354.jpg

  GX90からの剥ぎ取り品。何に使うのでしょう?

 剥ぎ取りが終わり、解体屋のオバサンと軽くお話。「最近の若い子は、クルマに興味が無いようで...」と、オバサンは嘆いています。その傾向は否定しません。私も別段、クルマ好きでもなければ自転車好きでもありません(笑) 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  ところでコルナゴ号、その人が自転車乗りかを判定するリトマス試験紙のような役割もあります。

 自転車を真っ向否定する私の上司は、コルナゴ号のことをけなします。自転車はどれも同じに映ってしまうのでしょう、悲しいです。

 取引先に居る自転車乗りの方がコルナゴ号を見たら、「お!コルナゴ」と、自転車のりらしい反応が返ってきました。「コルナゴ」というキーワードが出てきた時点で、脳内が自転車に侵されています(笑)

 反応が更に進むと「コルナゴのMTB?へぇ~」という答えになります。輪工房ミニツーでよくある反応です。

 前述の自転車乗り氏に「野田で買った」とお話すると、事情は何となくお分かりのようです。かなりの反応でです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 7月29日、熱中症で帰ってこられなくなるのではないかと思いながら、福田の森へ。暫く雨が降っていないので、泥ではなく砂煙がすごいです。コルナゴ号のフレームに跳ね上げた砂利が容赦なく当たっています。まだ新車のはずなのに、傷だらけのコルナゴ号。当初はこんな使い方する予定ではなかったのですが、(店長のお誘いで)結局何だか訳の分からない展開に。

 例の如く、ミスドで補給。レジのおねいさんに「あともう一品お買い上げだと、カードが2枚...」などと言われ、コーラが2杯に(笑)。多分、ネタにはなっていないだろう。

 cy355.jpg

  この日はとにもかくにも暑いので、藤米線のベンチで一休み。ホコリだらけのコルナゴ号があります。

更新、サボっております。とりあえず生存証明を。(笑)

何だか楽しみにしている人もいるようで...

ここから自分の身の近況です。毎年年度替りは忙しいのですが、

今年は忙しかった去年の倍、忙しいのです。

桜は咲きましたが、(4月7日撮影)

cy304.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事場に缶詰になっているうちに、桜の花は散りました。

cy305.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレ号のダウンチューブには、散った桜の花びらが付着していました。

2年目のアレ号でお花見と(野田へ里帰り...そろそろ新車の物色)思っていましたが、叶いません。トホホ...

お花見どころが、仕事場とお家の往復のみ。最後は泊り込みになり、食料調達のための往復のみ(近所の与野フード...埼玉地場)になりました。そこで気づいたのは、(私はサッカーには興味はありませんが)アレ号は赤黒の「浦和レッズカラー」を纏っている事です。

2月は2月で不意打ちの雪が続いて、アレ号がぐしょぐしょ、オマケに雪に降られ閉店間近のベルクで、ビンディングが滑って腰を強打...。軽い脳震盪と2週間近くの腰痛に悩まされました。そろそろクリートの交換時期です(笑)

そう言えば、東武タワーが完成して東武鉄道のロゴタイプが変更(Tの字から怪しい光線を出しているかのよう)になったり、100系は塗色変更編成が登場したり、野田線の一部の8000系は自動放送装置が付いたり、しています。

こうなったら、新緑ポタだぁ...

 (2011/8/27)

本日は、春日部(庄和)大凧花火大会です。総合支所から数100mのところにある、親戚宅で見物。ここなら、火薬の匂いまで楽しめます。

cy232.jpg

cy231.jpg

買って丁度1年経過の、Exlim Gの連写機能を駆使(一応)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あくる日は、宝珠花橋経由で江戸川へ、アレ号を走らせます。

cy233.jpg

青空と、遠くに見える筑波山。

cy234.jpg

まだ熱気が多いので、一休み。行き交うロードの台数も少ない。

閑話休題...大凧会館は存続不能に陥っているようである。地元民でありながら、1回も行った事無く閉館になってしまうのも(まだ閉館と決まったわけではありませんが)、寂しい。

旧庄和町は、「大凧」に因んだ事が数多くあります。「大凧マラソン」は最たる全国区です。それはそれで、楽しい町だったのかもしれません。

(2011/7/29)

 私は上水道に身をおく人間ですが、日本水道協会の展示会(水団連)が余りにも不親切なので、2~3年に一度東京で開催される「下水道展」に行くことにしています。

 と言う事で、今年は東京開催の年。天気が良ければ柴又経由でアレ号で行きたかったのですが、天候不順なので途中までレガシィ号にアレ号を積載して行くことにしました。

cy216.jpg

乗換え地は、新小岩です。

cy217.jpg

走行途中に、生憎の雨。アレ号は濡れてしまう。会場は「東京ビッグサイト」なのですが、東京都の嫌がらせかすばらしい設計なのか、駐輪場がありません。と言う事で、付近に数台「地球ロック」しているスポーツ車があったので、アレ号も「地球ロック」措置実施。

cy218.jpg

会場は撮影禁止との事で、入口の画像で勘弁。

cy219.jpg

どうでも良かったのですが、要らない名刺を処分する目的で(笑)向かいの「管工資材展」にも足を運ぶ。

cy220.jpg

くじ引きの景品、荏原テクノサーブ提供「塩羊羹」。なかなかの美味(ライダーズハイ状態が継続しているので)、アレ号走行の燃料として100g投入、アレ号は低燃費だ(笑)

cy221.jpg

(一応高級)赤デイパックは、カタログの類でパンパン。けど丈夫です。

cy222.jpg

有明テニスの森公園は、節電対策でパッケージ自家発が何台も唸りを上げています。

cy223.jpg

東京メトロ深川検車区で佇む、05系トップナンバーの01編成。多分、「営団地下鉄ジャカルタ線」でおなじみの、ジャカルタへ連れて行かれるのでしょう。

cy224.jpg

途中までアレ号を引っ張ってもらった、都営バス。「世界№1クリーンディーゼル」といっている割には、黒煙が目立ちました。都営バスさん、整備不良です(笑)

cy225.jpg

京葉道路を西進して、数年ぶりの秋葉原です。しかも、自転車で。随分変わってしまったようです。「小沢電気商会」にでも立ち寄ろうかと思っていたら、無くなっていました。高校でライントレースロボを作っていた頃からのお付き合いだったので、寂しい限り。しかも、今年5月閉店だった模様→こちら

cy226.jpg

乗換え地である新小岩へ戻る為、京葉道路を東進。見えてきました、東武タワー。

cy227.jpg

今年初めは大騒ぎだった、両国界隈。アレ号と両国国技館。

cy228.jpg

「金色ウンチ(アサヒビール吾妻橋ビルのオブジェ)」、首都高から眺めると大きく見えますが、近くで見るとそれ程でもありません、不思議。

cy229.jpg

おぉ、これが「東武タワー」!!!(笑)

 

 

この記事を書いているのは、暑さ最盛期の平成23年のお盆です(笑)

時を東日本大震災(3月11日)まで戻させて頂きます。

大震災が起こるまでは平穏でした。私・業の両方とも。ところがどっこい、大震災が起きました。当地でも震度5強の、今まで体験したことのない揺れでした。

私の職場でも少なからず被害が出ました。水道施設を預かっているので、断水という最悪の事態は避けられたものの、ステンレス製配水池に水漏れが生じるようになりました。

大震災の後始末と新規物件への対応で、5月まで多忙でした。新規物件というのが、東松山です。

埼玉東部地域に住んでいる身としては「東松山は遠いところ」としか思っていませんが、いざ行ってみるとやはり遠いです。東武線も本線ではなく東上線ですし、小学生の時分に遠足で行った森林公園は東松山のお隣の滑川です。

と言う事で、東松山まで50kmであることが明らかになったので、新規立ち上げから一段落し始めた5月の五月晴れの土曜日、アレ号で東松山へGO(笑)

cy197.jpg

初めて「物見山」に出向いた時、やけにロードが多いなぁ...などと眺めていると、実はメッカだった。「物見山」を初めて知った瞬間です(笑)

さて、行程は春日部~久喜~菖蒲~北本~吉見~東松山、です。

朝5時出発、この日の天気は快晴。20km地点は「漏裸ー儒(モラージュ菖蒲)」です。

cy198.jpg

爽やかな空気とともに、引き続きアレ号快調。40km地点は北本の荒川の手前「荒井」です。

cy199.jpg

単調な吉見町内を走行していくと、「高坂ぴ鬼(ピオニウォーク)まで4.5km」の看板が見えてきました。左折する場所は「江綱」。

cy200.jpg

東松山市内に入り、国道254号と交差する「古凍」。

cy201.jpg

アレ号は「allez!allez!」と言い、順調に進んでいきます。高本山が見えてきました。

cy202.jpg

「やきとん」とともに、東松山のお約束「いい部屋あるゾウ」(笑)

cy203.jpg

何だかんだ言って、高本山手前の稲荷橋に到着。都幾川を眺めながら川原で一休み。2時間・50kmの行程は、筑波山と大差なかったりします(笑)。因みにこの橋、ガードレールがないので気を抜くと川に落ちます(笑)

cy204.jpg

高本山です。勾配がきついのは分かっていましたが、坂の修行が足らない身でいざアレ号で登ると、きついの何の...

cy205.jpg

物見山の入口「こども動物自然公園入口」。東松山に来た当初は物見山と高本山の位置関係がちんぷんかんぷんでしたが、分かってしまうと何て事はありません。ロードを数台目撃。

cy206.jpg

物見山駐車場で一休み。坂の修行が足らないので...(以下略)

cy207.jpg

初「物見山」「高本山」は、惨敗でした。帰りは「蔵の湯」に寄り、東松山名物「やきとん」を買いつつ・・・。腕にはくっきり「サイクルジャージ焼け」の痕が。

cy208.jpg

後日、リベンジ。今度は軽貨物にアレ号を積んでGO。このクルマは旧い軽貨物のクセして冷房「だけ」は強力。アレ号走行後のクールダウンに十分すぎる性能(笑)

cy209.jpg

 

 今年は寒いです、本当に寒いです。至る所、凍てついております。

 ラニーニャ現象による寒さのようですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

 寒さのせいかどこか断線しかかっているのか、アレ号の猫目サイコン(CATEYE STRADA CADENCE CC-RD200)のケイデンスセンサが反応しなくなりました。速度センサではないので、当分速度計としての機能は果たせるのでそのまま放置していました。

 ある日、大宮へお買い物(今回は自転車店絡みは登場しません)に行った折、かの有名な「歩羅ー瑠(ポラール)」心拍計が目に留まりました。

 「この間キシリウム買っちゃったし、もう自転車関係の投資(贅沢)は控えるぞぉ...」

 文末の「ぉ...」がくせ者、結局誘惑に勝てませんでした。

 ポラールでも比較的お求め易い腕時計タイプにしようかな...と物色していると、かの有名な「CS200Cad」があります。ケイデンス付でお買い得です。

 と言う事で、

cy193.jpg

 フィンランド生まれのポラール君をお買い求め&取り付け。実は、取り付け後に猫目サイコンのケイデンスセンサが復活しました(笑)

 猫目君は、オドメータの機能が優れている(我がレガシィ号のように中途設定が可能。と言うか、機械式オドメータなので書き換えは出来ますが、良い子は本来はやってはいけませんよ。猫目君のオドが書き換えられるのは、単純にバックアップ機能が無いから。ポラール君は昨今の車のデジタルオド宜しく、書き換えできません)ので、暫く併用です。ティアグラ9速のロードにサイコンが2個、変に豪華(笑)

 一番困った、速度センサ。

cy194.jpg

 説明書に「マグネットとセンサは4mm以内の間隔にして下さい。サイコン本体とセンサの距離は50cm以内にして下さい」と、色々無茶な指示が書かれています。キシリウムエキップのフォークはエアロ形状なので、マグネットの取り付けに難儀しました。

 速度センサでうんざり、お次は更に面倒と予測されるケイデンスセンサ取り付け。

cy195.jpg

 と言う事でケイデンスセンサは手抜き、大阪生まれの猫目君のマグネットを流用します。

 実の所、ポラールの速度・ケイデンスセンサにマグネットを近づけて、センサ内から微かに「カチカチ」と音がすれば、マグネットは何でも使えるようです(リードスイッチを使っている???)

 使ってみると...速度計・ケイデンス計は、やっぱり有線式がレスポンスが良いです。センサとマグネットの間隔が寛大なキャットアイのほうが、「サイクルコンピュータだけとして」優れていると、つくづく実感(笑)、腕時計タイプでも良かったかなぁ...と、ちょっと後悔(笑)

 でも、心拍計は使ってみると色々興味が沸きます。「心拍計付きサイクルコンピュータ」として、多機能なポラール君の機能や、自分自身のカラダについて研究してみましょう。"POLAR-listen to your body"

 

 自転車(アレ号)に乗るようになって前々から行きたかった「成田山詣」に挑戦です。

 春我部からクルマで成田山へ行くとても良いルートは、[利根運河沿いの狭い道から農道に入りひたすら道なり>6号線を一旦越えて利根水郷ラインに入る>安食>成田]です。元日でも、成田山の手前まで1時間ちょっとでたどり着きます。

 このルートでは自転車では少々遠回りになるので、近道をMapFanとNAVITIMEで調べてみました。NAVITIMEでは「近道」設定しているにも関わらず、流山から北総線まで行ってしまうという、トンチンカンなコースしか吐き出してくれません。ゼンリンの意地悪か(笑)。それに比べ、MapFanは妥当なコースを吐き出してくれました。野田を最短通過するには、16号か流山街道かのどちらか、6号線は避けて通れないようです。国道16号と6号は天下の険(笑)、6号・16号は新年早々(怖い思いまでして)あまり走りたくありません。

と言う事で、[農面道路>野田橋>輪工房>梅郷駅前>16号>(大青田か若柴)>台田>6号>利根川CR>平岡>利根水郷(R356)>安食交差点>酒直>成田安食BP>土屋>成田山入口]、これで61km。ここで、成田安食BPには数10箇所坂があります。千葉は房総台地の満々中、前回の「サイクルモード」の時にも苦しめられた、房総台地です。

 試しに、我がレガシィ号が誇る旧型カーナビMAX420でルート探索。地図のベースがMapFanと同じインクリメントPなのか、ほぼ同じルートが吐き出されています。

cy178.jpg

 

さて、2011年1月1日は山陰地方は記録的大雪、日本海側は大荒れ、唯一関東地方は晴天。少々季節風が気になりますが、アレ号快調(笑)

cy179.jpg

↑常磐道の上、ここで20km走行。春日部~野田橋は、江戸川CRより農面道路の方が2km位短縮です。けれど...農面道路は単調で空っ風(季節風)が吹くと辛い。

cy180.jpg  

↑利根川79kmポスト、ここで40km走行。途中、6号線も案外アップダウンがあったのと常磐線の鉄橋が工事中でまごついた。ここで79kmと言うことは、春日部から銚子までは約120km。結構あるなぁ~

cy181.jpg

↑と言う事で、成田山土屋駐車場到着で走行距離63km。最後の10kmはアップダウンの連続、相当貧脚を使い込んでしまいました。道中、道を下っていく数台のロード号とすれ違いました。恐らく、成田詣の帰りでしょう。8:30発で成田山入口まで3時間、そこからアレ号を押して20分、12:00着。

 ところで、申し訳程度にしか駐輪場がありません。アレ号は元々スタンドがないので地球ロックが最適なのですが...それでも適当な場所がない(笑)

cy182.jpg

↑辺りを見回すと、スポーツ車(スタンドなし車)はアレ号含め4台、意外とすくない。丁度良い駐車場案内標識(写真右奥)は、古いアンカー号とfujiピスト号に取られています。そこで、側溝に巧く嵌めてあった、きれいなアテナ号(VLAAMS Athena AL-3)に倣い、アレ号も側溝に嵌めます。アルテペダルが両脇に巧くつかえて、ピタリと嵌りました。

cy183.jpg

↑毎年、3が日の参詣者数が全国で5本の指に入るだけあります、成田山。1時間半程度ぶらぶらしたり補給(笑)したりお守りを買ったりして、13:30発。アレ号は今後も千葉県内を走る機会が多いと予想されるので、交通安全御守を。決して「追突御守」ではありません。

cy184.jpg

↑利根川75kmポスト、成田から20km到達。日が翳りだし、信号待ちすると寒いです。

cy185.jpg

↑16号若柴交差点付近、成田から40km到達。16号に入った途端、左膝の外筋がムズムズ。やばい...

cy186.jpg  

↑と言う事で、126kmでご到着。どこで出ていたのは定かではないが、最高速度50km/hを記録していた。

 

 数日経ち大宮へ行く用事があったので、氷川神社へ行きました。

cy187.jpg

↑アレ号で大宮に行くことは特別ではないので、特にありません。

 アレ号はいわゆる「走行距離不明車」なのです。ブレーキシュー・タイヤまで交換しているので、次はチェーンやワイヤ類の交換になります。(ホイールも換えたいけど...お預け)

 今回は、チェーン交換です。

cy166.jpg

↑左は旧品、右は新品。結構伸びている、か・も。

cy177.jpg

↑ついでなので、リアディレーラプーリの清掃。

 

オマケ・江戸川土手で過ごす年末

cy167.jpg

↑東武野田線8000系、江戸川橋梁にて。

cy168.jpg

↑野田線橋梁付近にて、アレ号。良きパートナーに出会った1年でした。

cy169.jpg

↑もう一つ忘れてはならない、ビンディング導入。「拇指球のあたりですけど、このへんかな~」だったのですが、ほぼピタリと決まっているようです。さすが。そのせいかどうか因果は不明ですが、古傷である右膝の具合が凄く良くなったようです(プラセボ効果、それとも膝周りの筋強化が自然とできたから)

どれくらいなのでしょう?

cy164.jpg

ジャイアントはメジャーブランドと思うのですが、あまり見かけません。

スペシャライズドもまぁまぁメジャーと思うのですが、よく見かけるのは、やはり数台。

cy165.jpg

これが大宮に行くと、普通に結構見かけます。大宮はスポーツ車販売店が多くあるので、土地柄なのでしょうか。

 秋も深まる10月のある日、書店に行ったもののお目当ての本がまだ売っていません。手ぶらで帰るのも何なので、散財。年に数回ある「Tarzanの自転車特集号」。その中に、

CycleMode2010

のお知らせがありました。と言う事で、去年は気づいていたら終わっていたので、今年こそは行くと心に決めた次第です。

 場所は幕張、と言う事で交通手段は迷うことなく「アレ号」です。去年はモーターショーで言った折R357で参ってしまったので、今年の往路は江戸川から葛飾橋を渡り14号線を東進するコース、帰りは松戸から流山街道を経由するコースを予定(していた。これが悲劇の始まり)

 時は平成22年11月7日、6:30に自宅出発。日は昇り切っていません。千葉に行くので、お供のラジヲは"BayFM"(笑)。但し、埼玉県内は入りが悪い。この日は千葉ロッテマリーンズが日本シリーズに王手を掛けていた日なので、朝からマリーンズネタ。マリーンズに負けじと、アレ号快調(笑)

先ず一休み、武蔵野線をくぐったところで35km。爽やかな朝の日差しがとても良い。

cy148.jpg

次の一休みは西船橋駅付近で45km。日が翳りだし、今日は曇りなのか。

閑話休題、最近はデイパックにシフト。

cy149.jpg

9時過ぎ、到着。58km。R357経由よりかは3km程度節約。14号経由でも案外近くないのね...

cy150.jpg

1年ぶりの幕張メッセ。試乗目当てと思われる列がもう出来ている。

話は脱線するが来年のモーターショーは幕張開催ではないと言うことらしいので、寂しい。

cy151.jpg

試乗も良いかなぁ...などと思ってふと足元を見ると、ビンディングしが持ち合わせがなかった。よって、試乗はお流れ。来年のお楽しみです。

10時定刻に、開場。

モーターショーでもそうですが、自分の愛用しているブランドを真っ先にチェックしていくものです。と思って予備知識のないまま会場をうろうろ。そう、

GIANTは出展していません。

SPECIALIZEDは出展していません。

現在愛用の2ブランドが出展していません。見る楽しみが半減、この時点で2/3萎えました。次回の新車はTREKにしてやる(笑。買えたらのハナシ)

仕方なく、試乗を指をしゃぶって見る。こう見ていると、ロードの乗り方も十人十色。見ていると面白いです。

cy152.jpg

ハナシは脱線するが、レガシィは5代目となってしまった。レガシィを見てしまうとカメラを持つ手が勝手に反応...と言う事で、目にも鮮やかなマヴィックカーをパチリ。

cy153.jpg

この日は日曜日なので、活況。来年は金曜日(やっていたら)に試乗にする為に来よう。

cy154.jpg

12時過ぎに、メッセを後にする。復路のラジヲは"TBS"にセット。駐輪場には様々な自転車が。

cy155.jpg

 ここからが迷い道。14号を通り西船橋から松戸を経由して流山街道へ抜ける...多分近道、のはず(である。流山街道と言えば、例の処もある)。と思って走って見たら、案の定道に迷う。松戸市内を西に東に行ったりきたり。「五香」という地名を聞いた時は、流石に唖然。野田どころが、春日部とは全く真逆を走っていた。更に追い討ちを掛けるかのように、松戸の道はアップダウンが多い。

 右脚の筋肉がムズムズしてきました。そう、足が攣りかけています。松戸を抜け、何とか流山街道に入ることが出来ました。この時点で唯でさえ寂しい限りの貧脚をかなり使い込んでいます。流山街道に入っても、「輪工房」はおろか「野田」の2文字も中々現れません。

 ヒーヒーいいながらやっと、「東京理科大学」「霊波之光」と言う看板を拝むことが出来ました。ここは野田市内です、脳内麻薬が少々多めに分泌されてきました。やっとの思いで「輪工房」を通過、自宅まであと15kmです。

と言う事で、本日の総走行距離は125km、何事も欲張ってはいけません。と言う事で、幕張経由で輪工房に行った位に思いましょう。

cy156.jpg