トレック号の最近のブログ記事

 ある日の朝、久々に職場の置き自転車と化している、お買い物車のトレック号で通勤しました。信号待ちのクルマの脇をゆっくり抜けていると、突然身体が前につんのめりました。一瞬何がおきたのか判らなかったのですが、下をよく見ると「春日部市道路街路課謹製 側溝の隙間(笑)」に前輪が嵌っていました。ほんの数センチの隙間ですが、(お買い物車なのに)細いロードホイールが付いているので、嵌ってしまったようです。前転とかクルマに当たったという事も無くやれやれ、トレック号を発進させると、フロントから擦るような音がします。つまり、ホイールが曲がりました。

 ホイールは絶え間なくブレーキシューやフォークに擦れて、走る度に異音がします。トレック号に付いているホイールは悪名高きスピンフォース、もはや直す価値はありません。(最近乗る機会がめっきり減った)ジャイアント号からホイールを移植(元はアレ号の純正装着品)して、暫く乗っていました。試しにアレ号のキシリウムを取り付けてお買い物に行ってみると、スピンフォースはただ堅いだけであったことが分かり、アレ号以上にキシリウムのしなやかな乗り味が体感できます。「安いロードバイクは先ずホイール交換から」と言うお話が、よく分かります。

 と言う事で、トレック号ホイール交換のいい機会です。スピンフォースはもう懲り懲り、最低2~3諭吉から、出来たらアレ号装着のキシリウム並みのもの、もっと出来たら野田の輪工房で調達(笑)。ある日の土曜の昼下がりに輪工房でホイールのお話をしていると、店長登場。「トレックに付けるのだから丁度いいし、処分特価!」の店長の一言で、思わぬ誤算が。「アレ号のキシリウム並みのもの」が思いもよらぬお値段になりました。と言う事で、即決。

 今回お買い求めのホイールは、「盆摂れ賀ー 工螺疾駆簾」(ボントレガー クラシックス)です。

cy401.jpg

 久々にリムテープを張ったら、1本切れました。ミニツーのついでで買いなおし。

 

cy402.jpg

 交換前のトレック号。トレック車なのに、燦然と輝くジャイアントの「スポンフォース」(笑)

 

cy403.jpg

 ついでなので、長らくジャイアント号のお古だったチェーンも交換。時代は10速全盛なのに(MTBのコルナゴ号でさえ10速)、未だに9速です。

 

cy404.jpg

 スプロケットは外すついでで、シンナーで清掃します。シンナーが見る見る汚れます。

 

cy405.jpg

 ボントレガーにスプロケット組み付け。キレイなスプロケットは良い。歯が大きいMTBスプロケットなので、なおの事(笑)

 

cy406.jpg

 ボントレガーにチューブ・タイヤを移植して、組み付け。チェーン交換もするので、チェーンは切ってあります。タイヤはアレ号のお古、表面にひび割れ進行中...

 

cy407.jpg

 チェーンを張りました。微妙に伸びていたチェーンとおさらば、変速の調子が断然良くなりました。コルナゴ号より良い位(笑)

 

cy408.jpg

 フォークの内側には、痛々しいすり跡が。タッチペンのクリア色で補修します。

 

cy409.jpg

 前輪のタイヤ・チューブを移植して、トレック号完成。忌まわしいスポンフォース(笑)からの脱却が図られました(Tnx...輪工房)

 

cy410.jpg

 真っ黒になった、シンナーの残渣です。

 本日は9月13日、また飽きもせず市原能満へ。

 上司が「早く帰って来い」とあまりにもせかすので、自走はせず往復輪行で行きます。と言う事で、輪行に最適(と思われる)、且つ片道30km位なのでトレック号で行くことにしました。

 人通りの多い春日部からではなく、少々寂れた藤の牛島を出発駅にしました。毎度の事ながら、柏経由船橋まで、一応冷房は効く(笑)野田線の8000系老朽車に揺られながらの行路です。早く来い来い、野田線に新車...

 

cy383.jpg

 船橋でトレック号を組み立て、いざ千葉街道へ。船橋市内はいたって快調、試験日和よりも自転車日和です(笑)

 千葉市内に入り前方にマドン号を発見。巡航のペースも良く暫し牽いてもらいました。「古トレックでもマドンに十分ついて行けるじゃん。トレック号も捨てたものではない」などと思い走り続けていると、陸運支局前交差点でリアトップ状態で信号停車してしまいました。さぁ発進、と言う事でリア変速ではなくフロント変速で乗り切ろうと思い、フロントアウターからセンターに入れた途端、「ガガガガ」と言う悲鳴(笑)とチェーンがロックしかかりました。トレック号のペダルはビンディングなので、「やばい!オイラは千葉市内で立ちゴケして車に轢かれるのか(笑)」と一瞬頭をよぎりました。急いでフロント変速をアウターに戻し事なきを得ましたが、フロントディレーラとチェーンが擦る音が絶え間なくするようになりました。

cy384.jpg

 千葉市役所前で突然リアから「ガタン」と言う音がしました。見てみると、後輪パンクでした。まだ能満まで半分も達していないのに2度メカトラブル、実のところ前回記事の「コルナゴ号にじゃれる子猫」、前日夜に我が家の前の県道で轢死していました、合掌。我が家の前は朝日バスのバス停なので発見が遅いと朝日バスに踏み潰されて見るも無残、と言う事態になりますが、そのようなは避けられました。

 トレック号のトラブルは、そんな夭折した子猫のいたずらか、最近出番の少ないアレ号の恨みか、前を行くマドン号への嫉妬か、私の千葉のジンクス(以前乗っていたクルマが千葉市内に入ると何故か不調になる)、などとも思いつつもフロントアウターは煩いのでセンターに切り替えて、R357を高ケイデンス走行。9月だと言うのに猛暑、平坦な国道で長い距離巡航ギアが使えないのは辛いのですが、「曽我陸橋と大多喜街道は上りになるから、かえってセンターのほうがまし」、と騙し騙し乗り続け、ど田舎試験センター直近の市原能満・7-11着は11時半。時間が時間なので、補給とフロントディレーラの応急修理です。

cy385.jpg

 15時に、ど田舎試験センターを発ちました。市原を出るまで帰りは下り基調なので楽なのですが、今回は右足の攣りが2回発生しました。1回目は千葉トヨペット本社前でふくらはぎ、これは結構辛かった。2回目はR357と千葉街道分岐の陸橋上で太もも、こちらは軽症でしたが陸橋上で暫し休憩。午前中のメカトラブルを引きずっているのでしょうか。

cy386.jpg

 足攣りの原因はミネラルバランスか???、体の露出部あちらこちらに白い結晶が析出しています。つまりナトリウムの結晶、走る塩製造機(笑)。(輪工房ミニツーで)出番が増えて何回も水洗いするようになったデイパック(Corombia CRESSWELL)ですが、今日も汗を吸い取って全体的にジトリとしています。デイパックからも塩の結晶が析出、中に入れた紙類は湿気を吸っています。

 そういえば、午前中のマドン号から午後は4台、千葉市内でトレック車を目撃。今日はトレック号(古トレック)なのでお仲間が沢山、フレームにチラッと"SEO CYCLE"ステッカー、何故かと思いかえすと千葉・船橋は「セオサイクル」の陣地なんですね。ただ、千葉街道沿いは何故か「イオンサイクル」も増えていますが。

 木曜日でなければ梅郷で下車して、野田周辺まで陣地の輪工房(ここの陣地は小さい城1つしかないのにどこまでが勢力なのか不明)に寄って「日曜日また来ま~す」などと言う事も考えられるのですが、今回は生憎木曜日なので梅郷は定通(笑)。と言う事で、輪行・自走で時間を比べると1時間も変わりません。自走したかったなぁ...(笑)

 次行くときは、秋の自転車シーズンです。行けたらいいなぁ(笑)

You don't have to be afraid Long black clouds will fade away

(恐れる必要は無い。長く黒い雲はやがて消えるだろう)

 とある歌詞の一文です。(ビンディングペダルに挑戦に掲載されたのと同一の曲です

 と言う事で、久々に快速お買い物車・トレック号(Trek1400・フラットハンドル・クロスバイクコンポ装着仕様)のお話です。

 このトレック号、見る人が見れば分かる代物です。あるお知り合いから、

 「スペシャライズド(アレ号)とトレック(トレック号)、フレーム性能が良いのはトレックのほうでしょう!」

 と聞かれたので、

 「その通りです(笑)。トレック号は堅い分早いです」

 元々が余りパーツを活かす目的で組まれているので、適当です。でもトレック号、結構早いし大きめな水平フレームは端正な佇まいがあります。

 この日は6月23日、梅雨の中休みの日曜日で蒸し暑かったのですが(この週は台風の豪雨で江戸川が増水、正直生臭かった)、久し振りに帝釈天へ草だんごを食べに(笑)、アレ号で行ってきました。帰りの道中、(どうでも良い事を)ふと思いました。

 「そうだ、トレック号にもサイコンを付けよう!」

 因みに...利根川水系の浄水場では6月末から7月初めまで、毎年の風物詩である「ハクレン産卵による水道水着臭問題」があります。これは、利根川の栗橋付近でハクレン(外来種)が川面をジャンプして産卵、卵が栗橋下流の利根川・江戸川に流れ流域の浄水場へ漂流して水道水に生臭い匂い(魚卵臭)を付けてしまう、と言う現象です。浄水処理は活性炭が基本で先ず分からないレベルまで処理されていますが、分かる人には分かる匂いらしいです。正直、仕事で江戸川の水道水を10年来飲み続けている身分なのですが、未だに分かりません(笑)

 どうでも良いことですが、江戸川を降りていつものように(どことは言わないが、江戸川サイクリングロードから800mだと言うところ...笑)寄り道。

cy338.jpg

 付きました、トレック号にサイコン。オマケに「気づきベル」も付けました。実の所、アレ号のサイコン配線が調子悪くなったので、アレ号と同一品(キャットアイ・CC-RD200)を選択、アレ号に新品を付け取り外し品をトレック号へ付けたのでした。

 1週間経ちこの日は6月30日でまたまた梅雨の中休み、トレック号は江戸川デビューを果たしました。

cy339.jpg

 この日は向い風を喰らい少々蒸し暑かったせいか、ばて気味(笑)。お空に黒い雲はありません。(場所柄)野田総理同様、フレームがやたらでかい、部品のちぐはぐなトレック号でも、恐れることはありません。トレック号をバイクスタンドに掛けていても(流山街道沿いでバイクスタンドがある所は限られていますが...笑)、隣はひっきりなしにスペシャライズド車が入れ替わりで来ますが、今回は気にしません。野田・二中通りの先まで目指してひたすらペダル(トレック号もSPD-SLビンディング装着)を回します。そう言えば、ビンディング導入から2年経過。シューズが何となくぼろに...そろそろお買い求めか...

 その後...トレック号にパンク修理キット一式を装着、これで少し距離が伸びても何となく安心です。更に、懸案だったフロントブレーキの効きもシューのグレードを上げ(SORAキャリパーにR55C3)、何だか効くようになりました。これなら、高速域(30km/h以上)からのブレーキングもこなせます。

cy340.jpg

 左岸でトレック号をパチリ。トレック号は適当に買ったとは言え、意外とかっこいいかも(笑)。

 私は埼玉県民なので右岸走行が主なのですが、たまには野田橋から左岸に入り玉葉橋経由で一周。ロードに混じり、お父さんと男の子、親子でMTB(両方ともスペシャライズド...お父様の趣味か、場所柄購入先の都合か???)に乗る、微笑ましい姿もありました。

 と言うことでトレック号、クランク周り(ロードクランク投入)とホイール(もう少し良い完組ホイール投入)をどうするか...お買い物車ならこれ以上おカネ掛ける必要もないと思いますが...どうせならトレック号の性能を愉しみたい...と思う、今日この頃でした。

 ところで...トレック号は3ヶ月間レンタルされていましたが、大して乗った形跡も無く返却と相成りました。私がお買い物で乗っているほうがずっと距離が伸びているかも(笑)

トレック号のレンタルが決定したので、整備。特にリアの変速不良とサドル交換が中心です。

cy296.jpg

用意したのは、BB(FC-5600)、RD(DEORE)、シフトインナーワイヤ、タイヤ(ミシュラン・リチオンⅡ 23c)、サドル(スペシャライズド・アバター)。

BBは付けて見たものの、現状のMTBクランク(DEORE)ではクランク側の軸長が余ってしまい交換見送り。アレ号に取り付けることにします。

RD交換は、大正解。ワイヤの取り回しで操作感がまるで違います。1速~9速まで、確実に変速できます。

サドルは特に意味は無いのですが(TREKならボントレガーか...)、これで現有3台が全てスペシャライズド・サドル(ジャイアント号もスペシャライズドサドルだから気にしない。笑)

cy297.jpg

借主の動機は「健康の為、ダイエットの為」と言うことですが、意外と続かなくなる目標かも知れません。と言っている自分はどうなのか...答えられません、もう体重も減らないし(笑)。カンカン照り・こっ寒い・雨でも風でも乗っている、更に長距離・坂が好きな、自転車乗りの心理とは如何に。

私の職場では、通販で怪しげな自転車(ロード)を買ってしまい、組むことが出来ず困っている人もいます。

スポーツバイクは、お店で「来て・見て・触って」から、買いましょう。