9速化の最近のブログ記事

 ある日の朝、久々に職場の置き自転車と化している、お買い物車のトレック号で通勤しました。信号待ちのクルマの脇をゆっくり抜けていると、突然身体が前につんのめりました。一瞬何がおきたのか判らなかったのですが、下をよく見ると「春日部市道路街路課謹製 側溝の隙間(笑)」に前輪が嵌っていました。ほんの数センチの隙間ですが、(お買い物車なのに)細いロードホイールが付いているので、嵌ってしまったようです。前転とかクルマに当たったという事も無くやれやれ、トレック号を発進させると、フロントから擦るような音がします。つまり、ホイールが曲がりました。

 ホイールは絶え間なくブレーキシューやフォークに擦れて、走る度に異音がします。トレック号に付いているホイールは悪名高きスピンフォース、もはや直す価値はありません。(最近乗る機会がめっきり減った)ジャイアント号からホイールを移植(元はアレ号の純正装着品)して、暫く乗っていました。試しにアレ号のキシリウムを取り付けてお買い物に行ってみると、スピンフォースはただ堅いだけであったことが分かり、アレ号以上にキシリウムのしなやかな乗り味が体感できます。「安いロードバイクは先ずホイール交換から」と言うお話が、よく分かります。

 と言う事で、トレック号ホイール交換のいい機会です。スピンフォースはもう懲り懲り、最低2~3諭吉から、出来たらアレ号装着のキシリウム並みのもの、もっと出来たら野田の輪工房で調達(笑)。ある日の土曜の昼下がりに輪工房でホイールのお話をしていると、店長登場。「トレックに付けるのだから丁度いいし、処分特価!」の店長の一言で、思わぬ誤算が。「アレ号のキシリウム並みのもの」が思いもよらぬお値段になりました。と言う事で、即決。

 今回お買い求めのホイールは、「盆摂れ賀ー 工螺疾駆簾」(ボントレガー クラシックス)です。

cy401.jpg

 久々にリムテープを張ったら、1本切れました。ミニツーのついでで買いなおし。

 

cy402.jpg

 交換前のトレック号。トレック車なのに、燦然と輝くジャイアントの「スポンフォース」(笑)

 

cy403.jpg

 ついでなので、長らくジャイアント号のお古だったチェーンも交換。時代は10速全盛なのに(MTBのコルナゴ号でさえ10速)、未だに9速です。

 

cy404.jpg

 スプロケットは外すついでで、シンナーで清掃します。シンナーが見る見る汚れます。

 

cy405.jpg

 ボントレガーにスプロケット組み付け。キレイなスプロケットは良い。歯が大きいMTBスプロケットなので、なおの事(笑)

 

cy406.jpg

 ボントレガーにチューブ・タイヤを移植して、組み付け。チェーン交換もするので、チェーンは切ってあります。タイヤはアレ号のお古、表面にひび割れ進行中...

 

cy407.jpg

 チェーンを張りました。微妙に伸びていたチェーンとおさらば、変速の調子が断然良くなりました。コルナゴ号より良い位(笑)

 

cy408.jpg

 フォークの内側には、痛々しいすり跡が。タッチペンのクリア色で補修します。

 

cy409.jpg

 前輪のタイヤ・チューブを移植して、トレック号完成。忌まわしいスポンフォース(笑)からの脱却が図られました(Tnx...輪工房)

 

cy410.jpg

 真っ黒になった、シンナーの残渣です。

(2009-12-19)

(多分)ジャイアント号、最後の改造です。今回は、駆動系で唯一残っていたフロントディレーラ、フロントブレーキ、カセットスプロケットのロードスプロケットへの交換です。

cy101.jpg

フロントディレーラとブレーキは、CS3200に不釣合いな105です。(フロントディレーラ:FD-5600、ブレーキ:BR-5501)あと、型式不明の9速スプロケット(13T-14T-15T-16T-17T-19T-21T-23T-25T、16T-17Tがグループ、19T-21T-23Tがグループ)

cy102.jpg105ブレーキ。SORAより精悍???シューが角度可変式なので、微調整が可能です。SORAより効き味は若干良い感じ。

 

cy103.jpg105フロントディレーラとスプロケット。 CS3200標準のC050と違い、フロントの変速がスムーズに決まります。特に、インナーからアウターへの変速は、C050だと「よっこいしょ」と言う感じですが、105だと「カチャッ」と決まります。新しいカセットスプロケットは、5~9速のクロウスレシオを順々につないでいき、トップの13Tは意外と走り易いです。リアディレーラのXTは、風でよく転倒するので(丈夫そうなので)存置としておきます。但し、SPINFORCEホイールにブレが...

 

cy104.jpg現在のジャイアント号のお姿。トップチューブパッドはSEEKシリーズのパーツらしい。

 それよりも...フロント53T-リア11T、現状の脚力(ド貧脚)では満足に踏めません。この組み合わせて本気出して踏むと4*~5*km/hで、原付並みのスピード。ノーマルCSでは考えられない(想定対象外な)スピードです。

cy38.jpgcy39.jpg その後...微調整です。先ず、チェーンの長さがギリギリ一杯(CN-HG73出荷時のコマ数である114コマそのまま装着)なので、チェーンを3コマ追加。これでチェーンの張りがだいぶ適正化されたような(笑)気がする。(左図は、アウター4速時の比較)そもそも、リアメカがマウンテン系なのが問題(笑)
 いいや、ド貧脚にはこのワイドレシオがいいんだぁ...と思ったら、1~3速は使っていない。時期が来たらロードスプロケットへ交換だ。


cy40.jpg

cy41.jpg スムーズなシフトとブレーキングを狙い、ワイヤー一式をXTRへ取替え。考えてみたら、CS3200には不似合いのXTがリアに装着されていたり、フロントは本格ロード仕様のアウター53Tのチェーンホイル(完成車によく装着され中古品流通の多い、それなりに悪評も多いゴッサマですが)を装着していたり...チャンポンというよりはごった煮(笑)今度はXTR。
 改めて思う...GIANT CSシリーズはロード車系比べると意外とホイールベースが長い。ホイールベースが長い≒ゆったりとした操縦(裏を返せば俊敏性に劣る)なのかなぁ...

cy42.jpg cy43.jpg 「トラベルエージェント」が意外と近所(セオサイクル)で入荷したので、実装着テストを兼ね取り付け。形は「カタツムリ」そのもの。
 「♪で~ん~で~んむしむし か~たつむり~」などと口ずさみながら(笑)取り付け。(ダストブーツを付け忘れたのはご愛嬌)
 今回装着したXTRワイヤーですが、「初めて引いた瞬間」からジャイアント純正ワイヤーと異なる剛性感が味わえます。純正ワイヤーは「ゴムを引いている感じ」とでも言いましょうか...トラベルエージェント装着でも遺憾なく発揮されます。自転車パーツのグレードについて、改めて考えさせられるものであります。

cy44.jpg 暫く乗り続けるであろう(多分)ジャイアント号の現在のお姿(09-8/18)。ロングホイールベースのフレームだけがCS3200を主張する。
 変速は、意外なほどにスパスパ決まります。さすがはシマノ。
 ホイール載せ換えに伴い馬蹄型ロックが使用不能になり、TREKのワイヤーロックを新調。クランク載せ換えに伴いバッシュガードが無くなったため、deuterの裾止めを新調。
 フロントダブルスピード・リア9速・フロントブレーキサイドプル・リアブレーキのトラベルエージェント装着...ここまで来ると「ドロップハンドル化」がちらほら(笑)

 レガシィ号の車検が終わりました。浮いたお金でジャイアント号に手を掛けましょう。ということで、自転車用品店をはしごです。先ず、サイクリーで安いフリー付き700Cホイールから始まり、シフター・ディレーラ・ボトムブラケット(ホローテックⅡ)・スプロケット・クランクと、9速対応品が(と言ってもDEORE...マウンテンコンポ)一通り揃いました。思い立ったが吉日、その後セオサイクルで9速HGチェーン・シフトインナーケーブル・ホローテックⅡBB脱着工具(TL-FC32)を揃えました。

cy30.jpg写真のもの

  • 9速対応HGチェーン(CN-HG73)
  • ホローテックⅡ DEOREクランク(FC-M533...取り付けていない)
  • DEORE 9速シフター(型番不明)
  • DEORE XT リアディレーラ(RD-M772)
  • DEORE フロントディレーラ(FD-M511...取り付けていない)
  • ホローテックⅡ ボトムブラケット(SM-BB70相当?)

その他

  • ホローテックⅡBB脱着工具(TL-FC32)
  • ホローテッククランクキャップ工具(TL-FC16)
  • 7~10速対応チェーンカッター(TL-CN27)
  • HGスプロケット脱着工具(TL-LR15)
  • シフトインナーケーブル
  • 9速対応コネクティングピン(デュラエース)

cy31.jpg ホイールはジャイアントの"SPINFORCE"。ご多聞にもれず、エンド幅130mm。
 スプロケットは、MTB仕様のCS-M770(Type aq)歯数は、11T-12T-14T-16T-18T-21T-24T-28T-32T

フロントにFC-M533を入れるとアウターの歯数が減る。せめて現状維持か歯数の大きいものを...
cy32.jpg 一晩考えて、どうせホローテックⅡ入れるのだから互換のFSAを入れてしまえ、と言うことで"FSA GOSSAMER(ゴッサマ) MEGA EXO CK6020E 39/53T"にした。
シフターが3スピードでこのクランクは2スピード。1スピード分余るが気にしない(笑)
 ちゃんと変速するかどうか気にかかるところではあるが。

cy33.jpg さて、CS3200に限らずMTB系クロスバイクでホイール交換時に直面する問題「エンド幅135mm問題」です。たった5mmの差ですが、いざ実際に130mmエンドのホイールをクイックで締め付けていくと、ステーがかなり縮みます。
今回は、CS3200純正ハブとSPINFORCEとの間で、ハブシャフト・スペーサ・ロックナットを組換えします。
 これで、エンド幅135mmのフリーハブホイールが完成。

cy34.jpg 図の矢印は、CS3200純正から移植したナットとスペーサ。フレームにぴったり収まります。

cy35.jpg ロードクランク+MTBフロントディレーラの組み合わせでは、まともに変速しません(笑)フロントディレーラはそのままとして、暇なときに交換を考えましょう。あと、ワイヤー周りもやり直さないといけないので。
 それよりも、チェーンの張りがきつい...ディレーラのトータルキャパシティの問題でしょう。
(RD-M772のキャパシティは45T、CS-M770とFSAクランクとの組み合わせのキャパシティは35Tなので問題ない???)

cy36.jpg 完成。レガシィ号とツーショット。
 変速のほうは、5速か6速が入りづらい程度でまぁまぁ。
 もう、改造費がCS3200の新車価格を超えている(笑)因みに、サドル(スペシャライズド)、またまたステム(ANCHOR)を、以前より交換。
 どちらかと言うと、CS3200には見えずに(GOSSAMERクランクとSPINFORCE装着で)FCR2(2008年モデル)に見えない気もしない。
cy37.jpg ←2008年モデルのFCR2、\79,800-(ジャイアントオフィシャルページより)