ジャイアント号と走るの最近のブログ記事

 この日は7月28日。連日暑いです。

 熱馴化と言う事で(クルマの部品も頼まれていたので)、近所の解体屋さん・高林解体コルナゴ号でGO(笑)

cy346.jpg

バブル期の珍車・日産フィガロがありました。惜しい気もしますが、解体してしまうのでしょうか。

cy347.jpg

こちらはサビサビのスバル・サンバー。サンバーはつい最近、ダイハツ廃ゼットのOEMになってしまいました。

cy348.jpg

かれこれずっと野積み状態の、ホンダ・NSXのドンガラ。

cy349.jpg

奥で辛うじて解体を免れている、スバル・アルシオーネSVX。SVX乗りの皆様、部品調達はお早めに(笑)

cy350.jpg

 ワイヤハーネスの山です。正しくクルマの行く末です。沢山の思い出を運んだであろうクルマ達、先ずエアコンガスを抜かれ・エアバックを展開・エンジンや足回りを容赦なく取り外され・外れにくい内装はフォークリフトの爪で剥がし、ドンガラになった車体は鮮やかなフォークリフト裁きで3段積みにされます。

 

cy351.jpg

 さぁ、今回のドナーであるGX90型マークⅡです。外装はキレイ過ぎです。前のオーナーさんが下取りの日まで大切に乗られていたのでしょう。社内に残された書類を見ると、三郷のトヨペットから漂流してきたようです。多分、国策であるエゴカー買い替えの生贄になってしまったのでしょう。

cy352.jpg

 オイルにじみが殆ど無い、1Gエンジンです。エンジンも掛かりました。

cy353.jpg

 走行距離、22570km。内装もとてもキレイで、中古車として再販されてもおかしくない位のクルマでした。我がレガシィ号よりキレイ(笑)

 cy354.jpg

  GX90からの剥ぎ取り品。何に使うのでしょう?

 剥ぎ取りが終わり、解体屋のオバサンと軽くお話。「最近の若い子は、クルマに興味が無いようで...」と、オバサンは嘆いています。その傾向は否定しません。私も別段、クルマ好きでもなければ自転車好きでもありません(笑) 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  ところでコルナゴ号、その人が自転車乗りかを判定するリトマス試験紙のような役割もあります。

 自転車を真っ向否定する私の上司は、コルナゴ号のことをけなします。自転車はどれも同じに映ってしまうのでしょう、悲しいです。

 取引先に居る自転車乗りの方がコルナゴ号を見たら、「お!コルナゴ」と、自転車のりらしい反応が返ってきました。「コルナゴ」というキーワードが出てきた時点で、脳内が自転車に侵されています(笑)

 反応が更に進むと「コルナゴのMTB?へぇ~」という答えになります。輪工房ミニツーでよくある反応です。

 前述の自転車乗り氏に「野田で買った」とお話すると、事情は何となくお分かりのようです。かなりの反応でです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 7月29日、熱中症で帰ってこられなくなるのではないかと思いながら、福田の森へ。暫く雨が降っていないので、泥ではなく砂煙がすごいです。コルナゴ号のフレームに跳ね上げた砂利が容赦なく当たっています。まだ新車のはずなのに、傷だらけのコルナゴ号。当初はこんな使い方する予定ではなかったのですが、(店長のお誘いで)結局何だか訳の分からない展開に。

 例の如く、ミスドで補給。レジのおねいさんに「あともう一品お買い上げだと、カードが2枚...」などと言われ、コーラが2杯に(笑)。多分、ネタにはなっていないだろう。

 cy355.jpg

  この日はとにもかくにも暑いので、藤米線のベンチで一休み。ホコリだらけのコルナゴ号があります。

(2009-10-29)

ジャイアント号で江戸川をひたすら河口まで南下、ジャイアント号で海風を受け、ジャイアント号で幕張の東京モーターショーへ。初めての100km走行です。

cy88.jpg

遂に来ました、江戸川の河口です。春日部から50km。目の前に見える橋はR357。

cy89.jpg

R357をひたすら東進。アップダウンが細かいので少々辛い。何か人込みが...と思って見てみると、船橋競馬場でした。考えてみたら、R14から行ったほうが良かったかも。

cy90.jpg

春日部から4時間掛けて、到着。駐輪場にはESCAPEシリーズを筆頭にジャイアント車が結構ありました。お隣りは「痛」ROCK4500。

 

cy98.jpg到着時のトリップメータ。

cy91.jpg

試しに、クラリオンのカーナビで会場から自宅まで江戸川CR経由でのルート探索をしてみる。走行距離56.1km。行きはよいよい帰りは○○○○。

cy92.jpg

さて、本題の中身は...所謂「トヨタモーターショー」と化しています。トヨタ本体とトヨタグループで、会場全体のほぼ1/3のコマを占有しています(笑)

cy93.jpg

日本が(良くも悪くも)誇るクルマ文化、軽自動車。代表的な車種「鱸アルト」がモデルチェンジするようです。7代目となる新型(左)と初代(右)、回転台の上でツーショット。先代のデザインが、所謂「中高年層」受けしづらかった(鉄チンホイール搭載のバンだとなおの事不釣合い)ようで、はたまたライバルのミラを意識したのか、随分ましになったようです。

cy94.jpg

 今回興味を引いたのは「幼児くるま絵画展」。「これはクルマじゃないだろう」というものも何点か(笑)ありましたが、この子達の15年後を見てみたいものです。

cy95.jpg

↑「※これはエコカーです」という1文が面白い。

cy96.jpg↑どうみても「建設機械」である。

  cy97.jpg

 ↑この2つの絵に共通するもの、「信号の絵が描かれていること」。信号が描かれているもの、結構ありました。どのような心理状態なのでしょうか。

 

cy99.jpg 帰り道すがら、廃自転車の山を目にする。ママチャリは事実上「使い捨て」なのでしょうか。

cy100.jpg

帰宅時トリップメータ。120kmの大台に。

 

 

 

 

 

 

 

 

(2009 10/3)

 ちょっと浦和方面に用事があったので、ジャイアント号で母校の前を通過してみることに。

cy83.jpg

 至って何も無い、普通のバカ工業高校(笑)浦和工業については、こちらも参照されたし。その後、大宮駅西口へ。偶然だったのですが...(レガシィ号だったら通り過ぎていたかも) cy84.jpg  

 「ものづくり教育フェア2009」が開催されていました。以前は「産業教育フェア」という、ちょっとお堅い名称でした。産業教育フェアには、関係者として参加したり、自作のライントレースロボットでロボット競技に出場したりと思い出があります。

cy85.jpgcy86.jpg

左: 浦和工業 右:春日部工業

 我が母校、浦和工業のブースはどこ...思わず探してしまいました。捜さなければならない位寂しい(辛うじて1坪)、OBとして言葉が出ない...寂しさ。それに比べ、地元である春日部工業は広場のセンター他数箇所に陣取っています。

  cy87.jpg

 時間の関係で見れなかったのですが、ロボット競技大会はヒトが操縦して小さなラグビーボールをゴールラインへ運ぶもののようです。個人的には、操縦者のテクニックよりも技術や経験の差が出る、ライントレースやマイコンカーラリーと言った(ネタが旧いか)自律式ロボットが良いような気がしますが...

(2009 9/9)

 大宮まで用事があったので、身近な県道を走破してみることにしました。地元民は「岩槻新道」だの「旧16号」などと呼称しています。合併前は、春日部-岩槻-大宮の3市を通過していたので「大宮春日部線」、合併後は、春日部-さいたまの2市になったので「さいたま春日部線」と呼称変更になりました。他にさいたま市誕生で県道の呼称が変わったものとして、「さいたま栗橋線」(大宮栗橋線、大栗線)もあります。
 ついでに...ジャイアント号ドロップ化部品集めも兼ねている。

cy50.jpg

起点はさいたま市側の宝来インターらしいのですが、終点から。一宮交差点です。この辺りは通勤ルートだったりします(笑) 

 cy51.jpg cy52.jpg

ロビンソン百貨店。バブルの超好景気から不景気まで経験、20年細々と営業中。
景気が良かった頃は、休日になると4号線が大渋滞していたものでした。
今となっては...ガラガーデンより状況が悪いような...
立体駐車場の外スロープは、パワーのあるクルマで一気に登ると楽しい(笑)
因みに、少し前まで登記上の本店は数100メートル先のビルの一室でした。

cy53.jpg

県下ワーストクラスの「開かずの踏切」、伊勢崎線124号踏切です。
本当に開きません(笑)。逆に、ド貧脚の休憩には最適です。
春日部市内の区間は、道が狭い。2輪車泣かせ(笑)

   

cy54.jpg cy55.jpg

右は、勤務先で発見した、32年前(私の生年!)の写真。左は現在の風景です。
因みに...家具のアライは数年前に取り壊されファミリーマートに。小川蒟蒻店のくずもちが好物(季節限定...笑)
 

cy56.jpg

国道16号と交わる南中曽根交差点。宮ヶ谷塔でもう一度16号線と交わりますが、後ほど。

cy57.jpg

元荒川の袂です。東岩槻を過ぎた辺りから道幅が広がり通行しやすいのですが、この先にちょっとした「登り」があります。
そこを登り切ればしばらく緩い下り。旧岩槻市街は岩槻駅入口まで整備されているので、快適。

cy58.jpg

渋江交差点。「御成街道」の交点です。

cy59.jpg

加倉交差点。ここは変則交差点です。大宮からの帰りは要注意。
岩槻駅入口から加倉まで、工事多く道幅が狭い。

cy60.jpg

宮ヶ谷塔交差点。はじめて来た時はこの辺りで逝きかけ(笑)であったが、今では余裕。
駆動系改造も功を奏しているようです。自転車は奥が深い。

cy61.jpg

第二産業道路との交点、大和田交差点です。脇に映っている東武バスを風除け代わりにして走行。

cy62.jpg

大宮公園で一休み。大宮駅前はもうすぐです。
宮ヶ谷塔からこのあたりまで、アップダウンの繰り返しです。

cy63.jpg

産業道路との交点、堀の内交差点。
大栄橋はすぐそこ。

cy64.jpg

氷川神社入口交差点。左にアルディージャの本部がみえる。
一帯は「オレンジエリア」(笑)

cy65.jpg

大栄橋交差点。中仙道との交点であり、県下有数の渋滞の名所。

cy66.jpg cy67.jpg

そう言えば...大栄橋のすぐ傍にJR大宮工場があります。クルマで通過すると見えませんが、自転車なら見えます。
お昼時なので工場内は静か。左の画像に見えるのは205系埼京線車と115系(?)、右の画像は入換用ディーゼル機関車(DE10形)。

cy68.jpg cy69.jpg

用足しのためちょっと寄り道。今日の用事とは、大成の少し先にある「埼玉県電気工事士業組合」です。
電気工事士免状関係の受付は、県庁ではなくこちらのよう。
左画像は埼玉の有名企業である(笑)しまむら、右画像は埼玉の有名テーマパークである、鉄道博物館です。
私には縁がありませんが、
埼玉県の第1種電気工事士免状申請書の記入例が凄く面白い。
これは「おふざけ」としか言いようがありません、さすが埼玉県庁。

cy71.jpg

「さいたま春日部線」に戻りましょう。ここは桜木町交差点、ここも県下有数の渋滞の名所。
ここから先はアップダウンの繰り返しです。

cy72.jpg

三橋交差点。ここも県下有数の渋滞の名所。17号を南下すれば、母校(浦和工業)に辿り着く(笑)

職業柄、こんなものに目がいきます。
cy73.jpg cy74.jpg

さいたま市水道局謹製の「サッカーボール弁蓋」。
弁蓋は、市章や名所などが描かれているだけの無機的なデザインが殆どなのですが、なかなかセンスのあるデザインです。
市内にJリーグのチームが二つあるだけの事はあります。因みに、消火栓仕様は地が黄色になります。

cy75.jpg

と言うことで、終点の宝来インターです。
このあたりに同級生が数人います。浦和工業はバカ学校なので越境通学者が相当数、自分もそう(笑)
そういえば...高校の自分の机の隣りのやつは、指扇からジデツウしていた自転車好きだった。