身の回りの事の最近のブログ記事

 早いもので、旧型プリウス(NHW20系)を試乗してから丁度3年経過、今度はコンパクトハイブリッドのアクア(NHP10系)に試乗しました。と言っても、またトヨタレンタリース埼玉のレンタカーです。トヨタレンタカーではハイブリッド車対象に「燃費トライアルキャンペーン」なるものを展開中との事で、平均燃費表示が基準値を達成すれば3000円までの燃料代が無料になると言うものです。

 トヨタレンタリース埼玉・春日部東口駅前店の店員氏が「アクアの燃費基準値は25km(/L)です。」と言う事で、「う~ん、25kmか...。確か旧型プリウスで23km走った記憶があるから、25kmは微妙かなぁ...」と、おいら。トヨタハイブリッド車、燃費のカタログ値と実燃費が乖離しているのは当たり前です。アクアのJC08モード燃費は33~34kmなので、「アクア」ではなく「亜苦唖」としか言いようが無いですし、よーく考えてみると、このようなキャンペーンを行っていること自体、事実上メーカー自身が実燃費の悪さを認めているようなものです(と言うか、JC08モードでも実は30km切っているのでは???)。

 何はともあれ今回のクルマは、今年(H24年)4月登録の1.1万キロ走行車です。

NHP-01.jpg

 色は「クールソーダメタリック<8V7>」と言うそうだ。トヨタの王道「スーパーホワイトⅡ<040>」と違い、我がレガシィ号(ビンテージグリーンマイカ<51D>)同様に不人気色だと後々苦労しそうです。

NHP-02.jpg

 我が家の高排出ガス車(笑)に囲まれる、低排出ガス4つ星マークのアクア号。

NHP-03.jpg

 アクア号はプリウス系と違い、旧来のフロアシフトを採用しています。コンパクトハイブリッドらしい装備でしょう。プリウスから乗り換えると、逆に違和感が...

NHP-04.jpg

 今回の車両はスマートエントリー機能装着車でしたが、旧来のイグニッションキー操作仕様も説明書の中にありました。始動と言われて"START"に捻ってもエンジンが音を立てるわけでもなく、音がするとすれば高圧リレーの「コトン」「ガチャ」、ブレーキアクチュエータや電動パワステの「カタカタカタ」と言う音です。なんか不思議かも。

NHP-06.jpg

 エンジンルームです。エンジンにはベルトがありません。あと、今流行りの「クールドEGR」が見えます。助手側にハイブリッドコントローラ・エンジンコントローラ・ブレーキアクチュエータを押し込んであります。アクセントカラーとも言えるオレンジの高電圧配線は、まるでヘビみたいです。

 

 さて、今回は夕方から貸渡なので、ナイトドライブです。乗り込んで電源ボタン操作をすると、「コトン」「ガチャ」「カタカタカタ」と言う音が初めから耳につきます。コンパクトハイブリッドなので、プリウス系と違い遮音は若干省略されているのでしょうか。逆を言えば、アクア号が「生き物」のようにも思えます。

NHP-05.jpg

  行路は、春我部-藤米線-4号バイパス-外環三郷IC-常磐道-柏IC-16号-運河-流山街道-(輪工房 日曜日お邪魔します...笑)-柳沢-目吹-関宿-関宿橋-...いったいどこ走っている(笑)。出発時に「100km位かなぁ...」などと告げていましたが、既に100km走っています。トヨタハイブリッドの苦手科目でもある高速走行もありますが、思ったより結構成績上々です。「アクア号、やるじゃん!」などと思いました。後から知りましたが、トヨタレンタリースのwebサイトには「ハイブリッドカー運転虎の巻」なるものがありましたが、読む前に既に実践していました。

 現行型プリウスから採用のハイブリッドインジケータですが、EVランプと回生インジケータはとても参考になる表示で、良い機能です。トヨタハイブリッド車をエコカーらしく走らせるためには、アクセル操作が非常に重要です。この点、旧来ガソリンエンジン車と比べてとてもシビアかもしれません。右足のペダルの数ミリの踏み込みでエンジン・モーター・発電機が複雑に制御されているのですが、意識しないで漫然とアクセルを踏み込むとエンジンの介入割合が増えて、結果として実燃費がどんどん悪くなるという事に陥ります。そこで、EVランプが登場です。加速後60kmくらいの流れであればEVランプが点灯するまでアクセルを抜いていき、エンジンを停止させるとガソリン消費が減ります。但し、EV走行が長くて電池残量が少なくなると、帳尻あわせのように発電のためにエンジンが始動しますので悪しからず。

 電動のクルマの特権として「電力回生機能」がありますが、回生ブレーキで負担できないエネルギーは、ブレーキパッドで熱として捨てられます。そこで、回生ブレーキ力を超えない範囲のブレーキングを行えば良いのですが、登場するのが「回生インジケータ」です。周囲の流れを見ながら、インジケータのギリギリの所でブレーキ量を調整して行くと、有効に電力回生が出来ます。

 2代目プリウスから採用されている「EVモードスイッチ」ですが、トヨタでは「夜のご近所対策」と言う事で売り出している機能ですが、実のところ前が詰まり気味の「ノロノロ走行」でも威力を発揮します。ノロノロなので加速はあまり必要ないのでモーターだけでも足りる事も多いですし、停止もゆっくりなので回生ブレーキが有効に作用します。特に緩い下りなら更に効果的です。

 と言う事で、トヨタハイブリッドカーのエコ性能を引き出すのは意外と難しい、マニュアル車の運転より難しいかもしれません。エンジン介入を遅らせる「ふんわりアクセル」、回生ブレーキを有効作用させる「じわりブレーキ」は、道路の流れの先を読んでいないと出来ません。面倒臭いので、アイドリングストップの軽・コンパクトが良いか(笑)

 

 次の日は朝から一回り。「道の駅ごか」で折り返します。

NHP-07.jpg

 我が家に駐車していると...飼い犬「ワンタン」が、アクア号から離れなくなりました。アクア号はモーター発進、音が殆ど出ないので犬も判らない(と言うか、クルマなのにエンジン音がしなくて違和感を憶えている)模様。危うくワンタンを轢いてしまう所でした(笑)

 

NHP-08.jpg

 何だかんだと185km走ってしまい、ご返却。平均燃費27.0kmなのでめでたく燃費基準はクリア、燃料代0円と相成りました。

NHP-09.jpg

 トヨタレンタカー「燃費トライアルキャンペーン」サイトで確認したところ、93位/6100人(10月13日12:30閲覧)で、「あなたの燃費ランクは小結級」と言うことでした。分布表からも恐らくは25~27km位が、アクアの実燃費と言ったところでしょうか。「横綱級」は、どれだけの値を叩き出しているのでしょうか?発店から着店まで下り坂(乗り捨て)とか、こっそり燃料補給しているとしか思えませんが...

 

NHP-10.jpg

 トヨタレンタカーでは「86」のレンタカーも始めたと言うことで、店先に並んでいました。貸渡条件「30歳以上で免許取得5年以上、免責保険加入不可、料金クレジットカード払い、サーキット走行禁止」。因みにAT車。MT車だったらいいなぁ(笑)

 水平対向エンジンも形が随分変わってしまった...BGレガシィにも載ればいいなぁ...(笑)

その1:フィット(平成14年式・LA-GD1)オーディオ交換

 何度やっても嫌な、この年代のホンダ車のオーディオ交換。今回は中古で購入したがオーディオの調子が悪いとの事で、フィットの初代初期型の依頼がありました。

cad-01.jpg

 交換前。標準装備の一体型オーディオではなく、ホンダ純正用品"Gatahers"のオーディオが付いています。取り替えるにも高価な取り付けキット不要なのが幸い。症状は、「CD再生しない・MD再生しない・ディスプレイが消えたまま」。と言う事で、クラリオン製なので、CDの不具合はピックアップ清掃と調整でどうにかなると思いますが、交換をお勧め。

cad-02.jpg

 このフィットの持ち主は「ラジオとCDが聞ければなんでも良い」と言う事で、新車外ししたと思われる新品同様のホンダ純正1DINCDデッキ・ポケット付き(¥700)を入手。ホンダは取り付け方法が特殊なので、ポケット付きは重要です。

cad-03.jpg

 さてこのオーディオはパイオニア・DEH-M6456ZHというブツです。中を開けてみると、ホコリの堆積が全くありません。エージングテストでも異常なし、まさに極上品です。

 

cad-04.jpg

 さて...オーディオパネル分解が厄介なホンダ車、取外しに掛かります。ネジは2本だけ、そのほかは全て強力なツメ固定です。旧くなれば確実に割れます(笑)

cad-05.jpg

 ツメ分離に成功しても、そのままではヒーターの操作ケーブルのテンションでオーディオが引き出せません。と言う事で、ケーブルを外します。ホンダ車は面倒で嫌。

cad-06.jpg

 取替えが出来る位置まで外れてくれました。トヨタや日産車だとオーディオのブラケットは車体へネジ止めされるような構造なのですが、何故かホンダ車はパネル側にねじ止めされるような構造を取っているものが多いようなので、そこそこの重量があるオーディオを支えるためパネルに強力ツメがないと成立しません。なので、こじって外すにも力が必要です。とにもかくにも、ホンダ車は嫌。

cad-07.jpg

 文句を言いながら、2時間経過。インストール完了。「このフィット、加速時に振動が出る...」という話になり、試乗。振動の出方からしてジャダーです。このクルマは14万キロ走行車でCVTなのでヘタリが出ているのかと思いましたが、後に「フィット ジャダー」とググると、一杯出てきます。内部に湿式クラッチがあるとの事で、ジャダーが出るのも納得。流石ホンダ車。

 

 その2:解体屋で拾ったズタボロオーディオを見てみる

  部品取り目当てで高林解体で拾った、クラリオンMAX617です。ホンダ車フェイスパネルが付いていました。

cad-08.jpg

 画面チルトが不自然です。多分、解体屋のオジサンが無理矢理引っ張って取った挙句にガラクタの山へぶん投げた(笑)ので、こうなったのでしょう。

cad-09.jpg

 通電はするものの、モザイク画面は要らない。

cad-10.jpg

 チルトメカは、MAX420系と同一です。

cad-11.jpg

 一番期待していたパワーアンプの石はTDA7386で、期待はずれ。1台壊れているMAX420にでも...と思っていましたが、目論外れ。

 

その3:Gatahers・WX-212Mの修理

 その1で引き取ったオーディオの修理を行いましょう。Gatahers・WX-212Mは元々クラリオンが2000年頃に発売していたDMX5655zとほぼ同様(前面をホンダワイドDIN対応化、CDチェンジャーバスの変更)です。

cad-12.jpg

 CDメカを外し、先ずピックアップ清掃です。メカ上部に穴があるのでピックアップを穴まで移動すると、綿棒を差し込んで清掃できます。薄っすら汚れが付着。

cad-13.jpg

  CDピックアップのレーザー調整です。CDメカ背面からピックアップに付いている半固定ボリュームが拝める所までピックアップを移動します。回す量は、反時計回りに数度です(個体差にもよる)。

cad-14.jpg

 MDメカも取り外して、ピックアップ清掃とレーザー調整を行います。こちらも綿棒に薄っすらホコリが付着。

cad-15.jpg

 表示の不具合(この機種は蛍光管を使っている)は、前面パネル分解組み立てのみで復調してしまいました、不思議です。古いCDでは音が飛ぶものがありますが、CD・MDともに快調になりました。

cad-16.jpg

 電源やらスピーカー接続は、こんな感じで行っています。

 

その4:MAX420のCD排出不能の修理

 最近アレ号やコルナゴ号に乗る機会が多いためか電装系のトラブルが目立つレガシィ号ですが、ある日MAX420のCDが排出不能になりました。と言う事で、急遽修理です。

cad-17.jpg

 原因は、上図の黄丸で囲った部分の樹脂割れです。これは薄アルミ板で補修してあります。前述のWX-212同様、ピックアップのスレッドモータがCDメカのイジェクト機構の駆動を兼ねているのですが、WX-212については歯車は1本1本金属フレームに直付けなのに対し、MAX420では(コストダウンのためか)樹脂カバーに歯車一式が付いているような構造なので、樹脂の弱い部分が割れると駆動不能に陥るようです。

 この日は7月28日。連日暑いです。

 熱馴化と言う事で(クルマの部品も頼まれていたので)、近所の解体屋さん・高林解体へコルナゴ号でGO(笑)

cy346.jpg

バブル期の珍車・日産フィガロがありました。惜しい気もしますが、解体してしまうのでしょうか。

cy347.jpg

こちらはサビサビのスバル・サンバー。サンバーはつい最近、ダイハツ廃ゼットのOEMになってしまいました。野積みの中で、後輩たちのことをどう思うのでしょう。

cy348.jpg

かれこれずっと野積み状態の、ホンダ・NSXのドンガラ。

cy349.jpg

奥で辛うじて解体を免れている、スバル・アルシオーネSVX。SVX乗りの皆様、部品調達はお早めに(笑)

cy350.jpg

 ワイヤハーネスの山です。正しくクルマの行く末です。沢山の思い出を運んだであろうクルマ達、先ずエアコンガスを抜かれ・エアバックを展開・エンジンや足回りを容赦なく取り外され・外れにくい内装はフォークリフトの爪で剥がし、ドンガラになった車体は鮮やかなフォークリフト裁きで3段積みにされます。

 

cy351.jpg

 さぁ、今回のドナーであるGX90型マークⅡです。外装はキレイ過ぎです。前のオーナーさんが下取りの日まで大切に乗られていたのでしょう。車内に残された書類を見ると、三郷のトヨペットから漂流してきたようです。多分、国策であるエゴカー買い替えの生贄になってしまったのでしょう。

cy352.jpg

 オイルにじみが殆ど無い、1Gエンジンです。エンジンも掛かりました。

cy353.jpg

 走行距離、22570km。内装もとてもキレイで、中古車として再販されてもおかしくない位のクルマでした。我がレガシィ号よりキレイ(笑)

 cy354.jpg

  GX90からの剥ぎ取り品。何に使うのでしょう?

 剥ぎ取りが終わり、解体屋のオバサンと軽くお話。「最近の若い子は、クルマに興味が無いようで...」と、オバサンは嘆いています。その傾向は否定しません。私も別段、クルマ好きでもなければ自転車好きでもありません(笑) 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  ところでコルナゴ号、その人が自転車乗りかを判定するリトマス試験紙のような役割もあります。

 自転車を真っ向否定する私の上司は、コルナゴ号のことをけなします。自転車はどれも同じに映ってしまうのでしょう、悲しいです。

 取引先に居る自転車乗りの方がコルナゴ号を見たら、「お!コルナゴ」と、自転車のりらしい反応が返ってきました。「コルナゴ」というキーワードが出てきた時点で、脳内が自転車に侵されています(笑)

 反応が更に進むと「コルナゴのMTB?へぇ~」という答えになります。輪工房ミニツーでよくある反応です。

 前述の自転車乗り氏に「野田で買った」とお話すると、事情は何となくお分かりのようです。かなりの反応でです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 7月29日、熱中症で帰ってこられなくなるのではないかと思いながら、福田の森へ。暫く雨が降っていないので、泥ではなく砂煙がすごいです。コルナゴ号のフレームに跳ね上げた砂利が容赦なく当たっています。まだ新車のはずなのに、傷だらけのコルナゴ号。当初はこんな使い方する予定ではなかったのですが、(店長のお誘いで)結局何だか訳の分からない展開に。

 例の如く、ミスドで補給。レジのおねいさんに「あともう一品お買い上げだと、カードが2枚...」などと言われ、コーラが2杯に(笑)。多分、ネタにはなっていないだろう。

 cy355.jpg

  この日はとにもかくにも暑いので、藤米線のベンチで一休み。そこには、ホコリだらけのコルナゴ号があります。

 旧庄和町時代から数えて今年で24回目、当地の連休の風物詩、大凧マラソンです。

 実の所...合併後から、我が職場の機材が大会のお供を拝命するようになりまして、と言う事で「特別協賛」(笑)

 大会前日の5月3日は生憎の雨。2立米積給水車・1立米積可搬タンク・黄色い給水ポリなど、非常事態時にしか使わない機材ばかりです。5月19日発生の「利根川水系水道水ホルムアルデヒド騒動」では、これらの資材は出動準備の段階まで行きました。江戸川向こうの野田では断水に至りましたが、当地は幸い、埼玉県企業局の奇策「配水池内ブレンド戦法」と自己水源フル活用で、何とか断水せずに済みました。因みに...当地の給水車は、少し贅沢な2台体制です。

cy321.jpg

 大会当日である5月4日は、雨が振ったり止んだりで生憎の空模様です。旧庄和町の親戚宅に用もあったので、アレ号で向かう事に。江戸川はココアみたいに濁っています。アレ号もグチョグチョ。

 実の所、この江戸川は給水の水の原水です。2週間後に「利根川水系水道水ホルムアルデヒド騒動」を起こすとは、誰も知る由もありません。

 このあたりの農家は大多数が兼業農家なので、連休中に田植えすることが多いのです。1万人がマラソンしている傍らで、(白いゴキブリでおなじみの)軽トラや田植え機がせっせと働いています。親戚宅もご他聞にもれず農家なので、田植え後に降り出した数日の大雨で「苗が流されないか心配」と嘆いていました。

cy322.jpg 

 我が職場の資機材である給水車・給水タンクとも、スタンバイ完了です。我が職場の「美味しい水」を配る使命があります(ランナーズハイだから、単なる水道水も美味しいはず...笑)

cy323.jpg

 スタートの時間です。16号線は一時的に封鎖となりますが、コース途中の野田線は規制なし。この大会の「お約束」と言われている部分です。

cy324.jpg

 24回にもなると、交通規制の不便がどうのと言うよりか「風物詩」と化しています。晴れれば田植えの農家さんも、休憩の傍ら応援していたりしています。実の所、私の義理の従兄弟も参加していたりしています。

cy325.jpg

 庄和公園は、お祭りムードです。「夏空も花火もきれい...旧庄和町探訪」でも取り上げましたが、要はマラソン大会の名を借りた「お祭り」的役割もあります。大凧あげとマラソンを結びつけたアイデアマンは、なかなかと言えます。

 本家の「庄和大凧揚げ」は、江戸川の増水が引かないので連休中の開催は断念されました。近年稀に見る事態といえます。

cy326.jpg

 エルガ・ブルーリボンがずらりと並んだ、臨時送迎用朝日バス。ちょっとした営業所です。「大凧マラソン」と言う行き先もあるみたいです。

 

IBM X31が2台とX30が1台、計3台の修理依頼です。もう要らない(笑)

結論から言うと、X30は修理不能、X31はWindowsXPをインストールしてお返ししました。

thk01.JPG

3台のうちの1台、X31です。

thk02.JPG

キーボードを外す方法が初めわからなくて、暫く悩みました。一度分かると簡単です(笑)

thk03.JPG

どこを直したのか忘れました(笑)

 

「昔撮った8mmのビデオが見たい」とのお知り合いからの話で、再生可能なまでに修理しました。

機種は京セラのKX-70。京セラの8mmなんて珍品です。因みに、「ThisIsパスポートサイズ」のキャッチフレーズで売り出していた、ソニーCCD-TR70のOEM品です。

kxx01.JPG

何だか、糖分系と思われるヌメヌメ感があります。気持ち悪いです(笑)

症状は、テープ絡みで再生しないとの事で、テープ式では避けられない、メカのリール関係の代表的なトラブルです。また、ファインダーが縦一本線のままです。

kxx02.JPG

それでは、ばらしていきます。ヌメヌメが基板の手前まで侵食しています。

kxx03.JPG

周りの基板をどんどん剥がしていきます。

kxx04.JPG

残念ながら、と言うか経年劣化の為か、電解コンデンサが液漏れしているようです。今のところは動作に支障はないようです。

kxx05.JPG

どんどんばらしていきます。良くこんな回路を押し込んだものだと、つくづく感心。ソニーがまだ元気だった頃の製品ですので、今の(ソニーさんの)体たらくを見てしまうと、感慨にふけるものがあります。

kxx06.JPG

ファインダー部の分離。ここにもヌメヌメが回り込んでいます。ここまで来ると、訳わかんなくなってきます(笑)

kxx07.JPG

メカ部の下に位置する、メイン基板ともいえる部分です。所々電解コンデンサが中空配置されています。実装屋さんの苦労が垣間見える部分です。

kxx08.JPG

遂に、メカ部単離に成功。

kxx09.JPG

メイン基板と接するメカの裏部は、フラットケーブルが多数。

kxx10.JPG

メカ部の点検を行うと、案の定リール部品が割れを起こしています(黄丸)。原因は、ここの割れではありません。

kxx11.JPG

問題は、リール部品の下層のギヤです。このタイプ、樹脂部に金属が圧入されいるような形なので、経年劣化で樹脂が割れると空転して動力が伝わらない、と言う状態に陥るようです。何とか再生できれば良いとの事なので、瞬間接着剤で止めました。

kxx12.JPG

ばらした部品は、ブリキ箱へ(笑)

kxx13.JPG

気を取り直し、何とか動作試験が出来るところまで組み立てします。

kxx14.JPG

画像が一本棒のファインダー、構成は小型CRTです。要は、垂直同期回路に異常があります。

kxx15.JPG

ネットから、駆動ICであるAN2512Sのデータシートをダウンロード。オシロスコープ併用で、垂直同期信号が出ていないことを確認。

kxx16.JPG

調べていくと、電解コンデンサの液漏れでした(図は交換後、黄矢印のもの)

kxx17.JPG

外装のヌメヌメを清掃しながら、組み立て完了。輝きが戻りました。

kxx18.JPG

テープの絡みも無く、再生画質良好となりました。

再生できるようになり、依頼主は喜んでいました。

今週日曜日、我がkazunaweb.netが突然音信不通になりました。

それもそのはず、ドメインの有効期限が切れていましtた。

Whoisを掛けても、むなしいレスポンス(笑)

vvvvvvvvvvvvvvvv以下はドメイン失効時のwhoisレスポンス抜粋vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

Name Servers:
   dns1.name-services.com
   dns2.name-services.com
   dns3.name-services.com
   dns4.name-services.com
   dns5.name-services.com
  
Creation date: 10 Nov 2004 04:34:25
Expiration date: 10 Nov 2011 04:34:00

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

DNS鯖がアベコベ(笑)

急いで銀行に出向き、ドメイン更新料を振込みました。

 

vvvvvvvvvvvvvvvv以下はドメイン復活時のwhoisレスポンス抜粋vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

Name Servers:
   cougar.mywebjapan.com
   ns.myweb.ne.jp
  
Creation date: 10 Nov 2004 04:34:25
Expiration date: 10 Nov 2012 04:34:00
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

おぉ、DNS鯖も復活。良かった良かった。

有名どころでは、ソフマップがやらかしたようで。ドメインをお持ちの皆さん、お互い気をつけましょう。

 

アイドリング不調になったので、清掃。平成18年式、現在の走行距離10.5万キロ。

cy230.jpg

なかなかいい具合で、カーボン堆積。これがロードバイクだったらいいのにな(笑)

因みに、ISCVコネクタを外したままエンジンを掛けるとチェックエンジンランプが点灯します。この状態だと、ISCVによるアイドリング制御も行いません。消灯させるには、ECUリセットで対応しましょう(エンジンを停止し、エンジンルームヒューズボックスの「EFI」ヒューズを数分間抜き取ります)

暫く更新、サボっておりました。

とにもかくにも、3.11の「東日本大震災」がすべての始まりです。

私の職場(浄水場)にも、残念ながら被害が出ました。とは故、私は民間企業の人間ですが、浄水場と言う生活基盤、とにもかくにも地方公務員張り(それ以上かも...笑)に復旧に励みました。その次に来た「計画停電」は、「ガソリン渋滞」なるものを引き起こす位に、市中への燃料供給が滞っている状態で実施され、わが市の浄水場を容赦なく襲いました。最後のほうは「断水」を天秤にかけ、燃料の残量と睨めっこしながらでした、憎し東電。

それと前後して、「新しい現場に逝きなさい」との会社のご指示。特に4月は体が休んだ気がしませんでした。逝った先は「東松山」、そこで「やきとん」と「物見山」を知るきっかけと相成りました。楽しみはこの2つしかありません。

と言うことで、撮り貯めた画像順に更新していきます。

 

 

どれくらいなのでしょう?

cy164.jpg

ジャイアントはメジャーブランドと思うのですが、あまり見かけません。

スペシャライズドもまぁまぁメジャーと思うのですが、よく見かけるのは、やはり数台。

cy165.jpg

これが大宮に行くと、普通に結構見かけます。大宮はスポーツ車販売店が多くあるので、土地柄なのでしょうか。