地元ネタの最近のブログ記事

 この日は7月28日。連日暑いです。

 熱馴化と言う事で(クルマの部品も頼まれていたので)、近所の解体屋さん・高林解体へコルナゴ号でGO(笑)

cy346.jpg

バブル期の珍車・日産フィガロがありました。惜しい気もしますが、解体してしまうのでしょうか。

cy347.jpg

こちらはサビサビのスバル・サンバー。サンバーはつい最近、ダイハツ廃ゼットのOEMになってしまいました。野積みの中で、後輩たちのことをどう思うのでしょう。

cy348.jpg

かれこれずっと野積み状態の、ホンダ・NSXのドンガラ。

cy349.jpg

奥で辛うじて解体を免れている、スバル・アルシオーネSVX。SVX乗りの皆様、部品調達はお早めに(笑)

cy350.jpg

 ワイヤハーネスの山です。正しくクルマの行く末です。沢山の思い出を運んだであろうクルマ達、先ずエアコンガスを抜かれ・エアバックを展開・エンジンや足回りを容赦なく取り外され・外れにくい内装はフォークリフトの爪で剥がし、ドンガラになった車体は鮮やかなフォークリフト裁きで3段積みにされます。

 

cy351.jpg

 さぁ、今回のドナーであるGX90型マークⅡです。外装はキレイ過ぎです。前のオーナーさんが下取りの日まで大切に乗られていたのでしょう。車内に残された書類を見ると、三郷のトヨペットから漂流してきたようです。多分、国策であるエゴカー買い替えの生贄になってしまったのでしょう。

cy352.jpg

 オイルにじみが殆ど無い、1Gエンジンです。エンジンも掛かりました。

cy353.jpg

 走行距離、22570km。内装もとてもキレイで、中古車として再販されてもおかしくない位のクルマでした。我がレガシィ号よりキレイ(笑)

 cy354.jpg

  GX90からの剥ぎ取り品。何に使うのでしょう?

 剥ぎ取りが終わり、解体屋のオバサンと軽くお話。「最近の若い子は、クルマに興味が無いようで...」と、オバサンは嘆いています。その傾向は否定しません。私も別段、クルマ好きでもなければ自転車好きでもありません(笑) 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  ところでコルナゴ号、その人が自転車乗りかを判定するリトマス試験紙のような役割もあります。

 自転車を真っ向否定する私の上司は、コルナゴ号のことをけなします。自転車はどれも同じに映ってしまうのでしょう、悲しいです。

 取引先に居る自転車乗りの方がコルナゴ号を見たら、「お!コルナゴ」と、自転車のりらしい反応が返ってきました。「コルナゴ」というキーワードが出てきた時点で、脳内が自転車に侵されています(笑)

 反応が更に進むと「コルナゴのMTB?へぇ~」という答えになります。輪工房ミニツーでよくある反応です。

 前述の自転車乗り氏に「野田で買った」とお話すると、事情は何となくお分かりのようです。かなりの反応でです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 7月29日、熱中症で帰ってこられなくなるのではないかと思いながら、福田の森へ。暫く雨が降っていないので、泥ではなく砂煙がすごいです。コルナゴ号のフレームに跳ね上げた砂利が容赦なく当たっています。まだ新車のはずなのに、傷だらけのコルナゴ号。当初はこんな使い方する予定ではなかったのですが、(店長のお誘いで)結局何だか訳の分からない展開に。

 例の如く、ミスドで補給。レジのおねいさんに「あともう一品お買い上げだと、カードが2枚...」などと言われ、コーラが2杯に(笑)。多分、ネタにはなっていないだろう。

 cy355.jpg

  この日はとにもかくにも暑いので、藤米線のベンチで一休み。そこには、ホコリだらけのコルナゴ号があります。

更新、サボっております。とりあえず生存証明を。(笑)

何だか楽しみにしている人もいるようで...

ここから自分の身の近況です。毎年年度替りは忙しいのですが、

今年は忙しかった去年の倍、忙しいのです。

桜は咲きましたが、(4月7日撮影)

cy304.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事場に缶詰になっているうちに、桜の花は散りました。

cy305.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレ号のダウンチューブには、散った桜の花びらが付着していました。

2年目のアレ号でお花見と(野田へ里帰り...そろそろ新車の物色)思っていましたが、叶いません。トホホ...

お花見どころが、仕事場とお家の往復のみ。最後は泊り込みになり、食料調達のための往復のみ(近所の与野フード...埼玉地場)になりました。そこで気づいたのは、(私はサッカーには興味はありませんが)アレ号は赤黒の「浦和レッズカラー」を纏っている事です。

2月は2月で不意打ちの雪が続いて、アレ号がぐしょぐしょ、オマケに雪に降られ閉店間近のベルクで、ビンディングが滑って腰を強打...。軽い脳震盪と2週間近くの腰痛に悩まされました。そろそろクリートの交換時期です(笑)

そう言えば、東武タワーが完成して東武鉄道のロゴタイプが変更(Tの字から怪しい光線を出しているかのよう)になったり、100系は塗色変更編成が登場したり、野田線の一部の8000系は自動放送装置が付いたり、しています。

こうなったら、新緑ポタだぁ...

 (2011/8/27)

本日は、春日部(庄和)大凧花火大会です。総合支所から数100mのところにある、親戚宅で見物。ここなら、火薬の匂いまで楽しめます。

cy232.jpg

cy231.jpg

買って丁度1年経過の、Exlim Gの連写機能を駆使(一応)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あくる日は、宝珠花橋経由で江戸川へ、アレ号を走らせます。

cy233.jpg

青空と、遠くに見える筑波山。

cy234.jpg

まだ熱気が多いので、一休み。行き交うロードの台数も少ない。

閑話休題...大凧会館は存続不能に陥っているようである。地元民でありながら、1回も行った事無く閉館になってしまうのも(まだ閉館と決まったわけではありませんが)、寂しい。

旧庄和町は、「大凧」に因んだ事が数多くあります。「大凧マラソン」は最たる全国区です。それはそれで、楽しい町だったのかもしれません。

(2009-10-13)

前々から興味のあった、プリウスを試乗してみました。

トヨタレンタリース埼玉にてお仕事でプロボックスを使用した折に聞いてみたところ、「旧型なら平日空きがあります」との事で、日中の12時間貸渡で決定。

 

NHW_01.JPG超高燃費・超高排出ガス車(笑)のレガシィ号とツーショット。今回の車両は平成20年9月登録の2.7万キロ走行車。

ほぼ無音でクルマが発進するのは、一種感動を憶えるし少々違和感もある。ただ慣れてしまえば快適。EVモード(60km/hで解除)やアクセルワークを滑らかに行えば、モーター走行域が伸ばせて、まことに静かである。

 

NHW_02.JPG エンジンサービスラベル。プリウスは初回の冷却水交換が16万キロから。 廃車まで無交換???

NHW_03.JPG エンジンルーム。右側に1NZ-FXEエンジン、左側にハイブリッドユニット。 2代目からエアコンが電動になっているが、コンプレッサ自体はエンジンのブラケットにぶら下がっている。因みに、ブレーキシステムは回生ブレーキ協調制御で、通常走行時ではマスターシリンダの液圧を用いずに、ポンプで加圧された液圧をリニアソレノイドで4輪独立制御されたものを使用している。ブレーキ制御システム故障時やメインスイッチOFF時は、マスターシリンダの液圧がフロントブレーキのみに掛かる(フロントのみ制動)構造である。

NHW_04.JPG 今回のドライブ(試乗)コースは、春日部~(R16)~岩槻~(東北道)~佐野藤岡~(県道、少し山坂)~栃木~(東北道)~久喜~(県道)~埼玉スバルさきたま~(稲穂通り)~春日部、です。プリウスの「苦手」とされる高速道走行もあります。100km/h巡航だと瞬間燃費25kmくらい(うる覚え)、調子込んでアクセルが床にキス(笑)すると、何と瞬間燃費4km(笑)、エンジン音も凄いですが。

前の借主の消し忘れかトヨタレンタリース埼玉の粋な計らい(笑)か、HDDオーディオに「杉山清貴」の曲が10曲ほどありました。世代は少々ずれますが、「ふたりの夏物語(杉山清貴&オメガトライブ )」「アクアマリンのままでいて(カルロス・トシキ&オメガトライブ )」「君は1000%(1986オメガトライブ )」など...。

NHW_05.JPG

コンフォートやセドリックタクシーに混じって久喜市を走っている、NHW20型のタクシーです。今回のプリウス号の燃費は、23km/lとなりなした。少々アクセルワークが荒かった(わざと)ので、このくらいでしょう。因みに、NHW20型のEVモードでの走行は、1.5kmが限界のようです。プラグインハイブリッド仕様は、もう少し長くEV走行が出来るよう(はず)です。

(2009 8/25)

 通勤途上、明らかに「消防署職員(言い方変えれば"FireFighter")」と思える方を良く見受けます。消防署職員にも自転車好きがいるようで、

cy47.jpg

 この内谷陸橋東口側の劇坂を、古いジャイアントMTBやトレックMTBでダンシングで登っていく光景を何度も目撃しています。自分には出来ません、ただ感嘆の余りです。途中で留まったら転げ落ちそう(笑)こんな所で絶対落ちたくない。
 内谷陸橋を良く通行される方ならご存知と思いますが、東口側には車道に併設された歩道がありません。路肩は隆起しているので、自転車ではたぶん危ないです。ごく稀に車道を登っていくロードを見かけますが、本当に少数派です。
 ところでこの内谷陸橋、鉄道高架事業でネックになっているはずです、多分(笑)。なぜなら、内谷陸橋を越えるように設計すると、一ノ割を過ぎたあたりから立ち上げても線路側が劇坂になるはず...土地収用なんか考えるとコスパに合わなくなります、多分(笑)。かといって、内谷陸橋を閉鎖すれば、市内はパニックになることが予想されます、多分(笑)。

cy48.jpg

 ついでなので、爽やかな8月の朝なので写真を撮りなおし。