kazunaweb.netでタグ「カーオーディオ」が付けられているもの

その1:フィット(平成14年式・LA-GD1)オーディオ交換

 何度やっても嫌な、この年代のホンダ車のオーディオ交換。今回は中古で購入したがオーディオの調子が悪いとの事で、フィットの初代初期型の依頼がありました。

cad-01.jpg

 交換前。標準装備の一体型オーディオではなく、ホンダ純正用品"Gatahers"のオーディオが付いています。取り替えるにも高価な取り付けキット不要なのが幸い。症状は、「CD再生しない・MD再生しない・ディスプレイが消えたまま」。と言う事で、クラリオン製なので、CDの不具合はピックアップ清掃と調整でどうにかなると思いますが、交換をお勧め。

cad-02.jpg

 このフィットの持ち主は「ラジオとCDが聞ければなんでも良い」と言う事で、新車外ししたと思われる新品同様のホンダ純正1DINCDデッキ・ポケット付き(¥700)を入手。ホンダは取り付け方法が特殊なので、ポケット付きは重要です。

cad-03.jpg

 さてこのオーディオはパイオニア・DEH-M6456ZHというブツです。中を開けてみると、ホコリの堆積が全くありません。エージングテストでも異常なし、まさに極上品です。

 

cad-04.jpg

 さて...オーディオパネル分解が厄介なホンダ車、取外しに掛かります。ネジは2本だけ、そのほかは全て強力なツメ固定です。旧くなれば確実に割れます(笑)

cad-05.jpg

 ツメ分離に成功しても、そのままではヒーターの操作ケーブルのテンションでオーディオが引き出せません。と言う事で、ケーブルを外します。ホンダ車は面倒で嫌。

cad-06.jpg

 取替えが出来る位置まで外れてくれました。トヨタや日産車だとオーディオのブラケットは車体へネジ止めされるような構造なのですが、何故かホンダ車はパネル側にねじ止めされるような構造を取っているものが多いようなので、そこそこの重量があるオーディオを支えるためパネルに強力ツメがないと成立しません。なので、こじって外すにも力が必要です。とにもかくにも、ホンダ車は嫌。

cad-07.jpg

 文句を言いながら、2時間経過。インストール完了。「このフィット、加速時に振動が出る...」という話になり、試乗。振動の出方からしてジャダーです。このクルマは14万キロ走行車でCVTなのでヘタリが出ているのかと思いましたが、後に「フィット ジャダー」とググると、一杯出てきます。内部に湿式クラッチがあるとの事で、ジャダーが出るのも納得。流石ホンダ車。

 

 その2:解体屋で拾ったズタボロオーディオを見てみる

  部品取り目当てで高林解体で拾った、クラリオンMAX617です。ホンダ車フェイスパネルが付いていました。

cad-08.jpg

 画面チルトが不自然です。多分、解体屋のオジサンが無理矢理引っ張って取った挙句にガラクタの山へぶん投げた(笑)ので、こうなったのでしょう。

cad-09.jpg

 通電はするものの、モザイク画面は要らない。

cad-10.jpg

 チルトメカは、MAX420系と同一です。

cad-11.jpg

 一番期待していたパワーアンプの石はTDA7386で、期待はずれ。1台壊れているMAX420にでも...と思っていましたが、目論外れ。

 

その3:Gatahers・WX-212Mの修理

 その1で引き取ったオーディオの修理を行いましょう。Gatahers・WX-212Mは元々クラリオンが2000年頃に発売していたDMX5655zとほぼ同様(前面をホンダワイドDIN対応化、CDチェンジャーバスの変更)です。

cad-12.jpg

 CDメカを外し、先ずピックアップ清掃です。メカ上部に穴があるのでピックアップを穴まで移動すると、綿棒を差し込んで清掃できます。薄っすら汚れが付着。

cad-13.jpg

  CDピックアップのレーザー調整です。CDメカ背面からピックアップに付いている半固定ボリュームが拝める所までピックアップを移動します。回す量は、反時計回りに数度です(個体差にもよる)。

cad-14.jpg

 MDメカも取り外して、ピックアップ清掃とレーザー調整を行います。こちらも綿棒に薄っすらホコリが付着。

cad-15.jpg

 表示の不具合(この機種は蛍光管を使っている)は、前面パネル分解組み立てのみで復調してしまいました、不思議です。古いCDでは音が飛ぶものがありますが、CD・MDともに快調になりました。

cad-16.jpg

 電源やらスピーカー接続は、こんな感じで行っています。

 

その4:MAX420のCD排出不能の修理

 最近アレ号やコルナゴ号に乗る機会が多いためか電装系のトラブルが目立つレガシィ号ですが、ある日MAX420のCDが排出不能になりました。と言う事で、急遽修理です。

cad-17.jpg

 原因は、上図の黄丸で囲った部分の樹脂割れです。これは薄アルミ板で補修してあります。前述のWX-212同様、ピックアップのスレッドモータがCDメカのイジェクト機構の駆動を兼ねているのですが、WX-212については歯車は1本1本金属フレームに直付けなのに対し、MAX420では(コストダウンのためか)樹脂カバーに歯車一式が付いているような構造なので、樹脂の弱い部分が割れると駆動不能に陥るようです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1