kazunaweb.netでタグ「ジャイアント」が付けられているもの

 ある日の朝、久々に職場の置き自転車と化している、お買い物車のトレック号で通勤しました。信号待ちのクルマの脇をゆっくり抜けていると、突然身体が前につんのめりました。一瞬何がおきたのか判らなかったのですが、下をよく見ると「春日部市道路街路課謹製 側溝の隙間(笑)」に前輪が嵌っていました。ほんの数センチの隙間ですが、(お買い物車なのに)細いロードホイールが付いているので、嵌ってしまったようです。前転とかクルマに当たったという事も無くやれやれ、トレック号を発進させると、フロントから擦るような音がします。つまり、ホイールが曲がりました。

 ホイールは絶え間なくブレーキシューやフォークに擦れて、走る度に異音がします。トレック号に付いているホイールは悪名高きスピンフォース、もはや直す価値はありません。(最近乗る機会がめっきり減った)ジャイアント号からホイールを移植(元はアレ号の純正装着品)して、暫く乗っていました。試しにアレ号のキシリウムを取り付けてお買い物に行ってみると、スピンフォースはただ堅いだけであったことが分かり、アレ号以上にキシリウムのしなやかな乗り味が体感できます。「安いロードバイクは先ずホイール交換から」と言うお話が、よく分かります。

 と言う事で、トレック号ホイール交換のいい機会です。スピンフォースはもう懲り懲り、最低2~3諭吉から、出来たらアレ号装着のキシリウム並みのもの、もっと出来たら野田の輪工房で調達(笑)。ある日の土曜の昼下がりに輪工房でホイールのお話をしていると、店長登場。「トレックに付けるのだから丁度いいし、処分特価!」の店長の一言で、思わぬ誤算が。「アレ号のキシリウム並みのもの」が思いもよらぬお値段になりました。と言う事で、即決。

 今回お買い求めのホイールは、「盆摂れ賀ー 工螺疾駆簾」(ボントレガー クラシックス)です。

cy401.jpg

 久々にリムテープを張ったら、1本切れました。ミニツーのついでで買いなおし。

 

cy402.jpg

 交換前のトレック号。トレック車なのに、燦然と輝くジャイアントの「スポンフォース」(笑)

 

cy403.jpg

 ついでなので、長らくジャイアント号のお古だったチェーンも交換。時代は10速全盛なのに(MTBのコルナゴ号でさえ10速)、未だに9速です。

 

cy404.jpg

 スプロケットは外すついでで、シンナーで清掃します。シンナーが見る見る汚れます。

 

cy405.jpg

 ボントレガーにスプロケット組み付け。キレイなスプロケットは良い。歯が大きいMTBスプロケットなので、なおの事(笑)

 

cy406.jpg

 ボントレガーにチューブ・タイヤを移植して、組み付け。チェーン交換もするので、チェーンは切ってあります。タイヤはアレ号のお古、表面にひび割れ進行中...

 

cy407.jpg

 チェーンを張りました。微妙に伸びていたチェーンとおさらば、変速の調子が断然良くなりました。コルナゴ号より良い位(笑)

 

cy408.jpg

 フォークの内側には、痛々しいすり跡が。タッチペンのクリア色で補修します。

 

cy409.jpg

 前輪のタイヤ・チューブを移植して、トレック号完成。忌まわしいスポンフォース(笑)からの脱却が図られました(Tnx...輪工房)

 

cy410.jpg

 真っ黒になった、シンナーの残渣です。

(2009-10-29)

ジャイアント号で江戸川をひたすら河口まで南下、ジャイアント号で海風を受け、ジャイアント号で幕張の東京モーターショーへ。初めての100km走行です。

cy88.jpg

遂に来ました、江戸川の河口です。春日部から50km。目の前に見える橋はR357。

cy89.jpg

R357をひたすら東進。アップダウンが細かいので少々辛い。何か人込みが...と思って見てみると、船橋競馬場でした。考えてみたら、R14から行ったほうが良かったかも。

cy90.jpg

春日部から4時間掛けて、到着。駐輪場にはESCAPEシリーズを筆頭にジャイアント車が結構ありました。お隣りは「痛」ROCK4500。

 

cy98.jpg到着時のトリップメータ。

cy91.jpg

試しに、クラリオンのカーナビで会場から自宅まで江戸川CR経由でのルート探索をしてみる。走行距離56.1km。行きはよいよい帰りは○○○○。

cy92.jpg

さて、本題の中身は...所謂「トヨタモーターショー」と化しています。トヨタ本体とトヨタグループで、会場全体のほぼ1/3のコマを占有しています(笑)

cy93.jpg

日本が(良くも悪くも)誇るクルマ文化、軽自動車。代表的な車種「鱸アルト」がモデルチェンジするようです。7代目となる新型(左)と初代(右)、回転台の上でツーショット。先代のデザインが、所謂「中高年層」受けしづらかった(鉄チンホイール搭載のバンだとなおの事不釣合い)ようで、はたまたライバルのミラを意識したのか、随分ましになったようです。

cy94.jpg

 今回興味を引いたのは「幼児くるま絵画展」。「これはクルマじゃないだろう」というものも何点か(笑)ありましたが、この子達の15年後を見てみたいものです。

cy95.jpg

↑「※これはエコカーです」という1文が面白い。

cy96.jpg↑どうみても「建設機械」である。

  cy97.jpg

 ↑この2つの絵に共通するもの、「信号の絵が描かれていること」。信号が描かれているもの、結構ありました。どのような心理状態なのでしょうか。

 

cy99.jpg 帰り道すがら、廃自転車の山を目にする。ママチャリは事実上「使い捨て」なのでしょうか。

cy100.jpg

帰宅時トリップメータ。120kmの大台に。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1