kazunaweb.netでタグ「2009東京モーターショー」が付けられているもの

(2009-10-29)

ジャイアント号で江戸川をひたすら河口まで南下、ジャイアント号で海風を受け、ジャイアント号で幕張の東京モーターショーへ。初めての100km走行です。

cy88.jpg

遂に来ました、江戸川の河口です。春日部から50km。目の前に見える橋はR357。

cy89.jpg

R357をひたすら東進。アップダウンが細かいので少々辛い。何か人込みが...と思って見てみると、船橋競馬場でした。考えてみたら、R14から行ったほうが良かったかも。

cy90.jpg

春日部から4時間掛けて、到着。駐輪場にはESCAPEシリーズを筆頭にジャイアント車が結構ありました。お隣りは「痛」ROCK4500。

 

cy98.jpg到着時のトリップメータ。

cy91.jpg

試しに、クラリオンのカーナビで会場から自宅まで江戸川CR経由でのルート探索をしてみる。走行距離56.1km。行きはよいよい帰りは○○○○。

cy92.jpg

さて、本題の中身は...所謂「トヨタモーターショー」と化しています。トヨタ本体とトヨタグループで、会場全体のほぼ1/3のコマを占有しています(笑)

cy93.jpg

日本が(良くも悪くも)誇るクルマ文化、軽自動車。代表的な車種「鱸アルト」がモデルチェンジするようです。7代目となる新型(左)と初代(右)、回転台の上でツーショット。先代のデザインが、所謂「中高年層」受けしづらかった(鉄チンホイール搭載のバンだとなおの事不釣合い)ようで、はたまたライバルのミラを意識したのか、随分ましになったようです。

cy94.jpg

 今回興味を引いたのは「幼児くるま絵画展」。「これはクルマじゃないだろう」というものも何点か(笑)ありましたが、この子達の15年後を見てみたいものです。

cy95.jpg

↑「※これはエコカーです」という1文が面白い。

cy96.jpg↑どうみても「建設機械」である。

  cy97.jpg

 ↑この2つの絵に共通するもの、「信号の絵が描かれていること」。信号が描かれているもの、結構ありました。どのような心理状態なのでしょうか。

 

cy99.jpg 帰り道すがら、廃自転車の山を目にする。ママチャリは事実上「使い捨て」なのでしょうか。

cy100.jpg

帰宅時トリップメータ。120kmの大台に。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1